1: ※えりうみ:2014/08/10(日) 15:27:58.13 ID:PqSllGERo 膝元の裏から少し上、 スカートのひだに掛からない辺りで ふわっと肌に触れた花びら。 あ、 と声がもれ出てしまったのは そよ風が重なったせいかな。 振り向くと、 私より少しだけ背丈の低い支柱に絡まったツルから 大きな花がいくつも咲いていた。 青紫の花びらは どれも八月の直射日光に向けて満開で、 なんとなく、 スポットライトを浴びて 笑顔を輝かせるあの子たちのことを思い浮かべたりする。SSWiki : 2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/10(日) 15:29:36....