2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 22:39:46.31 ID:dbLyof+Po 我が目を……信じたくはなかった。 目の前にある現実が現実でないかのように振る舞うのは、果たして許される行為なのか。 記された歴史から目を背け脳内を逡巡しようとも、己の望む答えなど出るはずもなかった。 何故ならば、それは事実だから。現実だから。 俺が何を言おうとも、それだけは変わることのない結果なのだから。 ――足が重い。 事務所に向かう足取りがこれほど重いのはかつてない程で、歩けば歩く程、進めば進む程悪路に足を踏み込んでいるような気持ちになる...