4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 21:02:21.72 ID:WQ+Xkj0i0 雪歩「うぅ…」 がたがたと震える体を必死に押さえつけようと必死に自分の体を抱きしめる。 雪歩「やっぱり、無理だよぅ…」 その日、私はとある芸能事務所、「765プロダクション」近くの公園のベンチにひとり座っていた。 こんなダメダメな私がどうしてこんなところにいるのかというと、私が765プロのアイドル候補生だからなんですぅ。 でも、この間決まったばかりで実はまだ他のアイドル候補生さんたちにも会ったことはありません。 絶対に私なんか...