関連SS




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:50:22.06 ID:Up2mRJFR0
前に似たようなタイトルで書いたからそれの代わり映えしない似たようなやつね

-------------------------------------------
P「亜美と真美は可愛いままだなぁ」ナデナデ

亜美「んぁ!?何いきなり?」

真美「子供扱いしないでくれるかねぇ?」

P「うちのやよいとは大違いだ」ナデナデ

亜美「ん~いいのかな~?お嫁さんをそんな風に言っちゃって」

真美「まさか!?離婚の危機!?」

P「いやーほんとやよいのやつ最近はかわいさがなくなってな」

亜美「さすがに言い過ぎじゃない?」

真美「やよいっちが知ったら泣くよ?」


P「美しさがやばいんだよぉぉぉ!!!

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:52:59.08 ID:Up2mRJFR0
亜美「うわぁ…」

真美「引くわぁ…」

P「事実だから仕方ない。あっでも仕草とかは可愛いまんまだからな。世界一美人で仕草は可愛い上に優しい。あっやよいって女神だわ」

亜美「真美ー向こう行こ」

真美「そうだね」

P「おい!待てよ!まだ終わってない!」

真美「聞かなくてもわかるよぉ」

亜美「うんうん」

P「いーやまだまだ伝え足りない」

亜美「もういいっす」

真美「勘弁してくだせぇ」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:56:41.84 ID:Up2mRJFR0
P「じゃあp(息子、性的な意味ではない)の話でも聞くか?これまた可愛くてなぁ!天使!マジ天使!」

真美「あー兄ちゃんとやよいっちの子供ね」

亜美「兄ちゃんの子供かぁ…ちょっと見てみたいかも」

真美「男の子だしちっこい兄ちゃんみたいな!」

亜美「あぁそれ面白そう!」

P「面白そう言うな!どっちかというとやよい似だし!」

亜美「それはよかったね」

P「うん!ホントよかった!っておい!」

真美「うんうん。ベタだけどなかなか良いじゃないですか」

亜美「兄ちゃん腕あげたなぁ~」

P「あざっす!今後ともがんばります!」

13 :