同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

プロエス!

SSびより

森きのこ!

えすえすゲー速報

エレファント速報

おかしくねーしSSまとめ

456P アイマスSSまとめサイト

YomiCom

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)17:01:24 ID:HOD
どうしてそういう問題が起きるのか。
桃子には、全く分からなかった。

何でそんなに怒声をあげてるの?
どうして、2人はケンカしているの?

……今なら、分かる気がする。ううん、分かりきってはいないけど…何となく察する事ならできる。
2人とも桃子の事で、ケンカしてるんだって。

見上げるような形で2人を見る。
表情や言葉までは分からなかったけど、直感で今まさにケンカ中だということは理解できた。

『~…~……!』

『…! ……~…!』

胸の奥がキュッとした。
悲しむ演技はできる。桃子は子役だから。でも、なんだろ。少なくとも今の気持ちは演技なんかじゃない。

…桃子がもっと頑張れば、2人は仲良くなってくれるのかな。
ううん、それはないよね。だって、2人がよくケンカをし始めたのは…桃子が子役になった時からだったから。

桃子が頑張ったところで、どうせ2人の仲は良くならない。
ねぇ…お母さん、お父さん…そうでしょ?



2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)17:02:39 ID:HOD
「…きろ…もも……い…」

誰かの声が耳に入ってくる。それと同時に、軽く体が揺すられる感じがした。
聞き覚えのある、ううん。聞き慣れたこの声は……。

「おい、桃子…起きろ、桃子!」

重かった目を開けると、そこには予想通りの顔があった。

「なに、お兄ちゃん…?」

「桃子こそどうしたんだ、なんだかうなされていたようだったけど…」

…夢だった。でも、今の夢の映像は頭の中にしっかりと覚えている。だって、桃子が実際に目で見た光景だったから。
人って、何で嫌な記憶に限ってこんなに鮮明に覚えちゃってるんだろ。

「…別に。お兄ちゃんの声がうるさくて機嫌が悪くなってただけだから」

「そうか…それなら良かった」

お兄ちゃんに心配されるのも嫌だったから適当に嘘をつく。
生意気な台詞だったと思うけど、お兄ちゃんは気にも留めずに笑みを浮かべた。