1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:12:49.56 ID:xedD66DI0

P「唐突に何言い出すんだ。ダメに決まってるだろ?」

幸子「もう、何でですか?こんなにカワイイボクが誘ってあげてるのに」プク

P「ダメったらダメ」

幸子「こういうコトになるといつもダメだダメだって。ちゃんと理由を教えてください!」

注!:両想いな幸子とPがいちゃいちゃするだけの短いお話ですが、苦手な方はご注意を。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:14:31.27 ID:xedD66DI0

P「まったく……幸子はまだ14歳だろ。体だって成長途中なんだぞ」

P「子宮や骨盤だって未成熟なんだ。妊娠した時のリスクだって高い」

幸子「し、しきゅ……//」

P「だからダメなの。わかったか?」

幸子「で、でも。世の中には避妊具というものだってあるんですよ?」

P「ほう。幸子は物知りだなぁ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:15:33.65 ID:xedD66DI0

幸子「ボクは大人なので、ちゃんと知ってます!」ドヤァ

本当は授業で習ったのだけれど。これくらいはいいですよね!

P「たとえば?」

幸子「え?」

P「避妊具って何があるんだ?」

幸子「……そ、それは」

P「何々?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:17:25.46 ID:xedD66DI0

幸子「こ、ここ、こ……ん//」ポソ

P「んん?」ニヨ

幸子「……こ、このぉ」

P「は?」

幸子「ぷろでゅーさーさんの、どへんたい!」バッチーン

P「」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:18:39.43 ID:xedD66DI0

P「大変申し訳ございませんでした」モミジ

幸子「本当にヒドいです。ボ、ボクにあんな恥ずかしいこと言わせようなんてっ」

P「幸子はカワイイから、ついな」

幸子「カ、カワイイのはボクなので当たり前です!そんなこと言っても許してあげませんから」プイ

P「撫でるのも?」

幸子「あ、今日はナデナデ禁止です!さぞ辛いでしょうけど、我慢してくださいね?」フフン

P「今日は、な」