3: :2015/12/07(月) 04:51:05.03 ID:jtxk8UwAO

【とある居酒屋のカウンター席】

[1杯目]

「かんぱーい!!」カンッ

ゴクゴクゴク…

「ぷはぁっ!」ゴトッ

「かぁーっ、美味しい!一仕事した後のビールはやっぱり最高だわ」ジュル

「ふふっ、Pくんもお疲れさま。今日のライブの為に一生懸命仕事してたもんね」

「さあ、今日はガンガン飲んでじゃんじゃん盛り上がるわよー!おじちゃん、ビールおかわり!」

4: :2015/12/07(月) 04:55:56.80 ID:jtxk8UwAO

[2杯目]

「はぁ…でも本当に凄かったわ…。私がステージに出ていった途端、サイリウムの色が一斉に変わって…」

「オレンジや黄色、青い光が飛び交うの中で、私は歌って、みんながコールに応えてくれて…」

「ぐすっ…あれ、やばい…。思い出したら、泣けてきちゃった…」

スッ

「あ…ありがとう、ハンカチ…」グシグシ

「んっ…んっ…」グビグビ

「…ふぅっ!おじちゃん、ビールもう一杯!あと枝豆も頂戴!」

5: :2015/12/07(月) 05:02:02.95 ID:jtxk8UwAO

[3杯目]

「私さ…今日のステージすごく不安だったんだよねえ…」

「だって楓ちゃんの後よ、楓ちゃん!その次とか凄いプレッシャーじゃん!」

「…まぁ、結果として私の心配は杞憂に終わった訳だけど…一体どういう意図であんなプログラムにしたんだか…」


「…ん?私なら絶対大丈夫だと思った…?」

「こいつー、そういう事言えばお姉さんのご機嫌を取れるとでも思ったのかー?うりうりー♪」グリグリ

「うん、その生意気な根性気に入った!なんでも好きな物頼んで!お姉さんが奢ってあげる♪」

「おじちゃーん、ビールお願ーい♪あとこの人に…」