1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 00:15:59.690 ID:tcIPaIi00.net

シャル「その壁ドン?っていうのは何?」

ラウラ「萌えシチュエーションの一つらしい」

ラウラ「男が女を強引に壁に押さえ込んで、手と壁で女の逃げ場を塞ぐ」

シャル「うーん、ちょっとよくわからないかな」

ラウラ「なら実際にやってみよう。シャルロット、壁に背中を預けてくれ」

シャル「う、うん……」

ラウラ「やるぞ。……シャルロット……」ドンッ

シャル「!」

ラウラ「……好きだ」

シャル「!!」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 00:16:40.048 ID:tcIPaIi00.net

ラウラ「どうだ?」

シャル「ちょ、ちょっとドキドキしたかも」

ラウラ「そうか。だがもしこれが一夏なら……?」

シャル「!!!」

ラウラ「ふふふ」

シャル「ゴクリ……」

ラウラ「明日、嫁に壁ドンをして貰おうと思う」

シャル「いいね……僕も付き合うよ」

ラウラ「ああ」

シャル「ちなみにその知識の出所は?」

ラウラ「クラリッサだ」

シャル「うん、だよね」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 00:17:31.643 ID:tcIPaIi00.net



一夏「う……ん?って、またラウラか!もう布団に潜り込むのやめてくれよ!」

ラウラ「今日は嫁に壁ドンを頼みに来た」

一夏「はぁ?壁ドン?ってちょっと前流行ったあれか?」

ラウラ「そうだ。理解が早くて助かる」

一夏「で?」

ラウラ「私に壁ドンをしてくれ」

一夏「……」

ラウラ「……」

一夏「っていたたたた!わかった!やるから!」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 00:18:20.738 ID:tcIPaIi00.net

ラウラ「で、では頼む……!セリフは『もう逃がさない』だ!」

一夏「はぁ……じゃあやるぞ」ドンッ

一夏「もう逃がs」

ラウラ「はぁっ!!」

一夏「どわぁぁぁ!!」

ラウラ「……ハッ!しまった、つい癖で投げ飛ばしてしまった!大丈夫か一夏!」

一夏「……なんとかな」

ラウラ「も、もう一度頼めるか……?」

一夏「はぁ……ああ、いいぜ。どうせやらないと満足しないだろうしな」