関連SS




2 : ◆Xlu63y1IhA8v 2014/06/14(土) 21:56:26.01 ID:BY4hQSb/0
「どうしようかな......」

深夜に自分の部屋で呟く。

その声は、小さな部屋で反射し、俺の耳に届く。

「はぁ~」

溜息が無意識にこぼしてしまう。

俺は悩んでいる。何についてかというと楓さんの誕生日に何をするかについてだ。

3 : ◆Xlu63y1IhA8v 2014/06/14(土) 21:57:26.27 ID:BY4hQSb/0
俺は楓さんと付き合っている。

詳しい話は長くなるのだが、簡単に言うと、俺が告って、フラれて、告白され付き合うことになった。

そんなこともあったせいか、俺と楓さんのお付き合いは順調......だ。一度、別れたが。

話を戻そう。

4 : ◆Xlu63y1IhA8v 2014/06/14(土) 21:58:59.43 ID:BY4hQSb/0
何故、悩んでいるのか。それは、去年の誕生日に失敗したからだ。いや、失敗じゃない。思ったようにいかなかったのだ。

俺は去年、楓さんに日本酒をプレゼントした。二人で飲むために。

日本酒自体はよかったのだ。むしろ、好評だった。

悪かったのは場所だ。

俺は仕事終わりに事務所でわたした。すると、楓さんはここで飲みたいと言ったのだ。

事務所に人はいなかったし、元々ここで飲むために贈ったから、良いですよと返事してしまった。

それがいけなかった。

5 : ◆Xlu63y1IhA8v 2014/06/14(土) 21:59:38.66 ID:BY4hQSb/0
事務所にクール三重士及び合法ロリの婦警と野球狂が来やがったのだ。

酒の匂いに反応した野球狂は分かるとして、なんなのだろうこの人達は。

俺と楓さんのお付き合いは社長が認めてくれているというのに。

まあ、結果的に楓さんが喜んでいたので良かったのだが......

6 : ◆Xlu63y1IhA8v 2014/06/14(土) 22:00:31.34 ID:BY4hQSb/0
俺は楓さんを独り占めしたかった。

二人だけでいたかった。

7 :