転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478706746/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/10(木) 00:52:26.87 ID:MHZOwzrE0

智絵里「前回までのお話し」

智絵里「私のせいで、Pさんは理由あって女装をして事務所でお仕事をしています」

智絵里「みんながPさんのことを女の人だと思っているある日、紗枝ちゃんがPさんの匂いに夢中になりました」

智絵里「最初は隠れてPさんのスーツやコートの匂いを嗅いでいるだけだったけど……最近は直接匂いを嗅いだりしています」

智絵里「私の出番はこれでおしまいみたいです。あと短いです」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/10(木) 00:52:56.68 ID:MHZOwzrE0

――事務所

紗枝「」スンスンスン

P「ちょっと紗枝ー……頭から離れてくれないとパソコン見るのも大変なんだけど」

紗枝「あとほんの少しだけ待っておくれやす」スンスン

ちひろ「相変わらずですね」

P「どうしてこんな子に育ったのか……」

ちひろ「あ、そういえばPさん、この前の○×化粧品会社とのCM打ち合わせ、どうでしたか?」

P「まだ報告書書いてる途中ー……んー、まぁいいかなって。この前の打ち合わせでもらった試供品使ってみたけど、個人的に好みだし」

紗枝「Pはん、あきまへんよ。いつも使うてる香水やあらへんと、Pはんの匂いが台無しになります」

P「あんたはアタシの体臭に対して何の権利を持ってるのよ……」