3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/20(水) 23:11:17.92 :udaXl9XL0

ー魔王城

魔女「お母様!」とてとて

魔王「ふふふ」なでなで

魔女「御用件は何でしょうか?」

魔王「愛する我が娘に、この様な頼み事をするのは、少し気が引けるのじゃが……」

魔女「何でもお申し付け下さい!お母様!」

魔王「そうか……。いやな。翌年、勇者が派遣されると言う情報を耳にしてな」

魔女「なんと!我らが魔族の宿敵、勇者がですか!」

魔王「うむ。実に、百六年ぶりじゃ」

魔女「むむぅ……」

魔王「それで、その勇者をじゃな。お前さんに、始末して欲しいのじゃ」

魔女「えぇ!?」

魔王「まだ幼きお前さんにとっては、それは酷なことやも知れぬ。じゃがしかし、我は魔族の王。ここを動く訳にはいかぬ」

魔女「側近のお姉さんに頼めばよろしいのでは?」

魔王「側近のお姉さんも忙しくてな。頼めるのは、愛する我が娘しかおらんのじゃ」

魔女「むぅ…………わかりました!」

魔王「頼まれてくれるか?」

魔女「任せて下さい!」

魔王「すまぬな。愛する我が娘よ」なでなで

魔女「んふふ!お母様の為なら、私、何でもしますよ!」

魔王「ありがとう!」にこっ!

…………。

魔王「気をつけてな!」テヲフリフリ

側近「……魔王は、我が子を地獄に落とし、魔王に育て上げるとは耳にしていましたが」スッ

魔王「勘違いするな」

側近「は?」

魔王「小娘には、とっとと死んでもらいたくてな」

側近「魔王様、何を仰るのです」

魔王「この世は我が物じゃ。永久に……」

側近「魔王様?」

側近は血の塊となる。

魔王「ふふっ。我の終りはこの世の終り」

不適な笑みを浮かべ、月を紅く染める。

魔王「それまでは、この世は我の物じゃ」