同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

SS宝庫

プロエス!

SSなび

森きのこ!

エレファント速報

えすえすゲー速報

SSびより

おかしくねーしSSまとめ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:40:03.74 ID:7CbCg0TH0

私は高森藍子、CGプロダクションに所属するアイドルです。

藍子「ふふっ、今日は雪乃さんからもらった紅茶を淹れてみたけど……上手に出来たかな?」

実は私、担当してくださっているプロデューサーさんのことが……大好きなんです。
いつも私の為に頑張ってくださって、お仕事が上手く出来たときは褒めてくれて、失敗しても一緒に悩んでくれて。

藍子「プロデューサーさん、そろそろ休憩時間みたいだから……レッスンに行く前に、少しお話しちゃおう♪」

そんな優しくてあったかいPさんとは、お仕事が終わった後にこっそりと2人で晩ご飯を食べに行ったことや、オフの日にみんなには内緒でお出かけしたり……ちょっと、いい雰囲気になることもあったりします。

藍子「Pさん、お茶が――」

もしかして……Pさんも、私のことが――。


愛海「ねーねー、Pさんってどんな女の人が好みなの?」

P「そりゃもちろん、おっぱい大きい女性が好みに決まってるだろう。男ならみんなそうだ」

愛海「やっぱり立派なお山が最高だよねぇー」


ガシャーンッ!!!!

藍子「」ダッ!!


――私は失恋した。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:41:15.81 ID:7CbCg0TH0

藍子「うううう~!! うう、ひぐっ! ううええぇぇえええ」

夕美「ど、どうしたの藍子ちゃん!? そんな地鳴りみたいな声を上げながら泣いて……!?」

藍子「ゆ、夕美じゃああああん……」

夕美「よしよし、、泣かない泣かない、何か嫌なことでもあったの?」

藍子「うぉえああいあああううううああああいいぃー……」

夕美「えっ、なになに……Pさんのことが好きだけど、Pさんの好みの女の人はおっぱいが大きい人……う、うーん……そうなんだ」

藍子「ぐすっ……だから、私、一人で勝手に舞い上がって……ホントに、バカみたいで……」

夕美「ば、バカじゃないよ! 藍子ちゃん、Pさんのことが好きって、すっごくステキなことだと思うよ!」

夕美「そっ、それに……おっぱいだって、これから大きくなるかもしれないし……」

藍子「でもっ……私、も、もっ、う、16歳で……」

夕美「大丈夫! バストアップとか、エクササイズやマッサージだって色々あるんだよ! 私も一緒に手伝ってあげるから、これから頑張ろう?」

藍子「夕美ちゃん……は、はい! 私、頑張ります!」


――それから私の猛特訓が始まりました。

……
…………