5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 22:35:18.99 ID:93GX1VtI0
P「さあ、着替えるんだ」

やよい「でもこれぱんつですよ? スカートからはみ出て恥ずかしいです」

P「違う、ドロワーズ」

やよい「どろわーず……」

P「ドゥオーロ、ゥウォアズ」

やよい「どろわーず」

P「見られてもいいパンツ、ドロワーズ」

やよい「ドロワーズ……へー、そうだったんですかー」

P「さ、着替えて着替えて」

やよい「分かりましたけど、ここで着替えるのはちょっと」

P「問題ない」

やよい「ありますよー!」

P「おれ、うしろ、むく。ぱんつ、みえない」

やよい「うう……鼻息が荒いですー」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 22:39:59.87 ID:93GX1VtI0
やよい(後ろ向いてるし大丈夫、だよね?)

P「……」

やよい(うう……やっぱり今履いてるぱんつはそのままで)

P「やよい、パンツはちゃんと履き替えるんだぞ。上からなんてダメだからな」

やよい「!? み、見ないでくださ、あ、あれ?」

P「見てない、ずっと後ろを向いたままだ。今のは念の為に言ってみただけだ」

やよい「そ、そうなんですかー……脱がなきゃダメ、ですか?」

P「ダメだ」

やよい「うう……」

P「ダメなものはダメだ」

やよい「分かりましたー……」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 22:47:02.99 ID:93GX1VtI0
やよい「は、履き終わりましたー!」

P「うはー! かわええー!」

やよい「プロデューサー、やっぱりこれ、は、恥ずかしいです……」

P「大丈夫だ! 可愛いから!」

やよい「か、可愛いですかぁ?」

P「可愛い! モコモコ感がたまらん!」

やよい「よく分からないです……」

P「次はこれ!」

やよい「これ、って……ドレス?」

P「うん、早く!」

やよい「これ、またここで着替えるんですか?」

P「うん!」

やよい「うう……」

11 :