同じSSをまとめているブログ

SSなび

ホライゾーン

森きのこ!

エレファント速報

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 10:08:59.83 ID:4BvpQ+y6O

麗奈「おっはよー」

P「おはよう、麗奈」

麗奈「こら、いつも言ってるでしょ? アンタは手下なんだから、レイナサマには『おはようございます』よ!」

P「はいはい、おはようございますレイナサマ」

麗奈「それでよし。さーて、今日も悪事の限りを尽くすわよー」

P「ほどほどにな。ところで」

麗奈「ん?」

P「スカート、短くないか? 今日結構冷えそうだぞ」

麗奈「平気よ、平気。アタシが寒さなんかに負けると思う?」

P「割と」

麗奈「ちょっとは上司を信用しなさいよ!」

P「上司?」

麗奈「部下の反対は上司でしょ。まったく、5年経っても理解できないなんて……っと、それより」

P「どうかしたのか」

麗奈「昨日忘れ物したのよ。確かここの棚の上にあったはず……」ピョンピョン

麗奈「届かない……踏み台使おう」

P「とってあげようか?」

麗奈「いいわよこのくらい。アンタはあくせく働いてなさい」

P「あくせく……はは、りょーかい」

麗奈「よし、これで……んー、背伸びすればなんとか」

P「………」


P(スカート短いせいでパンツ見えそうになってる……)


スポンサーリンク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 10:10:03.52 ID:4BvpQ+y6O

麗奈「んー、このっ。あとちょっと」グイグイ

P(見てはダメだと頭ではわかっているのに、目が離せない……)

麗奈「これでどうだっ」

P(も、もう少し……)



麗奈「………」クルリ

P「あ」

麗奈「見てた?」

P「いや、俺はただ麗奈が踏み台から落ちないか心配していただけであって」

麗奈「パンツ見えた?」

P「ぶっっ!?」

麗奈「アハハッ!! ほんとわかりやすいんだから、Pは! イタズラ大成功ね♪」

P「イタズラ……?」

麗奈「わざとパンツ見えそうにしつつギリギリ見えない角度を保つことでスケベ男の心を弄ぶイタズラよ」

P「くそぅ……まんまと乗せられた」

麗奈「いい気味ね~」ニヤニヤ


P(出会ったころはそれほどでもなかったのに、麗奈が年齢を重ねて成長していくにつれ、だんだんと彼女の女性的な魅力に思わず惹かれてしまうことが増えている)

P(美少女だと思ったからこそスカウトしたのだから、魅力的になってくれることはありがたい限りなのだが……自分が男の本能を制御できなくなるのは御免被る事態だ)

P(麗奈も俺の意識の変化を知ってか知らずか、最近は色仕掛けを絡めたイタズラをしてくるようになってきた)