同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

おかしくねーしSSまとめ

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 20:55:07.20 ID:5SUXe4Aj0

大河「竜児ぃー! まだぁー?」

居間から届く、何度目とも知れない催促。
高須竜児は手の動きを止めずに、応えた。

竜児「もうちょっとだ!」

大河「もう、お腹が減って死にそう……」

どの口がそんなことをほざくのやら。
弱々しい台詞とは裏腹に、居間からはガサゴソ何やら物色する物音と、バリボリむしゃむしゃと咀嚼する音が聞こえてくる。大河の仕業だ。

あれほど飯の前にお菓子を食うのはやめろと竜児が忠告したのにも関わらず、大河は帰宅途中にコンビニで購入した菓子類に手をつけていた。
姿を見ずとも、だらしなく居間で寝そべり、テレビを観ながら貪っている姿が容易に想像出来た。逢坂大河が豚のように肥え太る将来が、刻一刻と差し迫っているのを竜児は感じた。

危機感を覚えた竜児は手の動きを加速する。
ギラギラとした双眸を光らせ、手に持った包丁を縦横無尽に振るう。完全に事件現場である。

しかし、高須竜児は善良な一市民だった。
包丁で微塵切りにしているのは、タマネギだ。
他には、ジャガイモ、ニンジン、少量の豚肉。
つまり、竜児は現在、料理を作っていた。

下ごしらえが終わり、鍋で豚肉を焼く。
その後、他の食材も鍋に投入。暫し炒める。
タマネギが飴色になってきたら、水を投入。

沸騰する時間を利用して、まな板を洗浄。
ついでに皿とスプーンを用意しておく。
鍋の中で食材が踊り、充分に火が通った。

素人はジャガイモに爪楊枝を刺して確認する。
だが、竜児はそんなことをしない。
長年培った体内時計が、それを告げてくれる。

竜児「それっ」

タイミングを見計らい、ルーを投入。
すると、鍋の中身が乳白色に変わった。
茶色ならばカレー。白色ならばシチューだ。

今晩の献立は、竜児特製のシチューだった。