同じSSをまとめているブログ

プロエス!

アイマスSSまとめサイト 456P

456P アイマスSSまとめサイト

1: ◆a/VLka4bp3Eo 2018/06/16(土) 13:48:14.68 ID:NSDqj0DG0

※ミリオンライブシアターデイズの二次創作
※地の文あり
※呼称に不安あり
※エンジェル限定
※わりとキャラ崩壊
※誰が何言ってるかわからないかも


以上全然問題ないという方はどうぞ


2: ◆a/VLka4bp3Eo 2018/06/16(土) 13:49:12.90 ID:NSDqj0DG0

週末。花金。飲み会。
実に心躍る予定はあらかじめご破算になっていた。
それもしょうがない。こんな仕事を初めてしまったのがいけないのだ。


3: ◆a/VLka4bp3Eo 2018/06/16(土) 13:49:46.22 ID:NSDqj0DG0

次の日がラジオ収録ということでお流れになった恒例の飲み会の代わりに、馬場このみは帰る前に彼女の同僚に声をかけようとしていた。
何も変な思いつきでもない。単に挨拶をするだけ。
向かうのは飲み会が流れた代わりに、春香や琴葉や主に美奈子が食事をふるまっている最中の男性用仮眠室。
実は少しご相伴に預かれないかな、などという下心もある。

だって春香ちゃんのお菓子おいしいし。

そんなこんなで仮眠室まで歩いていく途中に、控えめに言って頭のおかしい光景に出会った。
件の同僚―――プロデューサーの劇場でのテリトリーの一つ、彼専用のデスクの前で出会ったのは篠宮可憐。
765の雌犬、完璧超人二号、出待ちの達人の呼び声高い彼女は、プロデューサーが外出しているとき以外はいつも椅子にかけてある上着に思いっきり顔をこすりつけていた。


4: ◆a/VLka4bp3Eo 2018/06/16(土) 13:50:17.09 ID:NSDqj0DG0

「……ふっ……んっ……はぁっ……あ、このみさん……お疲れ様です……」

あれか。週末の夜、デスクに上着。テンションMAXでしょうとでもいうつもりか。
さすがにない。それはない。
しかも明らかにこっちの存在に気付いているのになぜ彼の上着の匂いをかぐのをやめないのか。
劇場の外でやたらと怯える人見知りの姿勢はどこにいったのか―――。

呆れて物も言えないが、とりあえず一分ほど茫然とした後。見て見ぬふりをして仮眠室に向かったはいいものの、なぜか可憐はついてきた。
ちなみに驚くべきことに、ちゃんと上着は椅子に戻していた。
曰く。

「その……プロデューサーさんの匂いが薄くなった気がするんです……」

そりゃあんだけ吸えばそうなるでしょう、と言いかけたがやめた。
とりあえずお前は何を言っているのか。
上着じゃ満足できないから直接吸う気か。
お前舞台にあがる度にご褒美と称して抱きしめられてあんなスハスハしてまだ足りないのか。特別扱いにも程がある。
これがスカウト組筆頭、たとえアイドルにならなくても口説かれたであろう女の実力なのか。つーかプロデューサーはいつか〆る。
胸と尻ばっか視姦してんじゃねえ。可憐ちゃんは可憐ちゃんでまんざらじゃなさそうだし。
近くに千早ちゃんや静香ちゃんがいると気温は下がるし。

「何か、プロデューサーさんの身に起こったんじゃないかと……ごめんなさい」

ああ、そういうこと、とやっと合点がいった。
要は上着についた匂いの話ではなかったのだ。
おそらく、彼女は上着の匂いとは別に、劇場内にいるプロデューサーの匂いを感じ取っていたのだ。
それが薄くなったから、彼の身に何か起こったと心配してると。なるほど。

いい加減頭おかしくなりそう。

とはいえ、そこまで深刻なことはないんじゃない、とこのみは後輩に言ったのだ。
何せ、「あの」天海春香と田中琴葉が今ちょうど彼と一緒の部屋にいるはずなのだ。
何かあったら大騒ぎになっているはず。

「そうだと、いいんですけど……」

いつものようにおどおどしていて安心すると言ったら流石に可哀そうかな、と思いつつ。
いややっぱそんなことないか、と鼻を今もひくひくと動かしている可憐を半眼で見たりもしつつ、また通路を行く。
そしてまたおかしな光景に遭遇した。