同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

プロエス!

エレファント速報

1: ◆FPRtZdJjow:2018/06/13(水) 02:10:16.58 :PJDYpwn50

まゆ「……」ガッチリ

P「うーん」カタカタ

かな子「……どうかしたんですか? それ」

P「ん? ああ、とときら学園から菜々さんに出演依頼がきててな。年少アイドルみんなでウサミン星まで遠足をしたいらしくて、受けたものかどうか……」

かな子「やめましょうよそんな誰も幸せにならない企画……」

P「ま、そうだな。……ウサミン星の王女は現在出稼ぎで多忙のため、入国は制限されています、申し訳ありません。代わりにしゅがは星人を送ります、と」カタカタ

かな子「ってそうじゃなくて、Pさんの背中のまゆちゃんですよ。なんでそんなところに」


2: ◆FPRtZdJjow:2018/06/13(水) 02:11:12.59 :PJDYpwn50

まゆ「……」

P「さあ、なんでだろうなあ。朝起きたらくっついてたから俺にもわからん」

かな子「当然のようにPさんの家スタートなんですね……」

P「最近指紋認証とか声紋認証付きの鍵について調べ始めた」

かな子「勝手にまゆちゃんのを登録されて終わりだと思いますけど……」

P「分かり切っててもオチを言うなオチを」


3: ◆FPRtZdJjow:2018/06/13(水) 02:12:17.01 :PJDYpwn50

かな子「えーと、まゆちゃん、どうかしたの?」

まゆ「……」

P「朝から何も話してくれなくてな、だからこうなってる理由もわからない」

かな子「だからってそのままでいちゃうPさんも大概ですよ。もしかしてこのまま通勤してきたんですか?」

P「これじゃ車にも乗れんから、今日は電車だったよ。特に視線を集めてたわけでもなかったし、ちょっと風変わりなリュックサックとでも見られたんじゃないか」

かな子「ちょっとでも目を合わせたくないほどにヤバい人たちだと敬遠されてただけだと思いますよ」

P「そのうち離れるだろうしこのままでもいいんだが、座りづらくて仕方がない」

かな子「まゆちゃんが後ろにいるせいでPさんほとんど空気椅子ですもんね」

P「運動不足解消にもならん」プルプル