同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

森きのこ!

あやめ速報-SSまとめ-

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/11(月) 20:06:54.07 ID:4WPndzrf0

薄暗く水で満たされた世界……

生後間もなく、俺の最初の修羅場は訪れた。


オタマジャクシ「な、なんだおまえ?」

メダカ「ククク……オレはメダカってもんだ」

メダカ「卵からかえったばかりのオタマジャクシは、うめえんだよなァ!!!」グワッ

オタマジャクシ「!」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/11(月) 20:08:56.82 ID:4WPndzrf0

ザシュッ!

オタマジャクシ「ぐっ!」

メダカ「ヒャハハ、よくぞダイヤモンドをも噛み砕くオレの牙をかわしたァ!」

メダカ「だが次はねぇ!」グワッ

オタマジャクシ「えーいっ!」

バチンッ!

メダカ「げぶっ!」


尾での一撃でノックアウト。

これが俺の初陣だった。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/11(月) 20:10:22.44 ID:4WPndzrf0

少し大きくなった俺は活動範囲を広げ、水面近くを泳いでいた。すると、


アメンボ「消えろ」ギュンッ

ドゴォッ!

オタマジャクシ「ぐはぁっ!」

オタマジャクシ「な、なにするんだ!」

アメンボ「水上は俺の縄張り(テリトリー)だ……侵入するなら、子供といえど始末する」

オタマジャクシ「そういわれると帰る気がなくなるんだよな、カエルの子なのに!」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/11(月) 20:12:15.38 ID:4WPndzrf0

ギュンッ ギュンッ ギュンッ


オタマジャクシ「は、速い……!」

アメンボ「水上での俺の速度は音速と同等……」

アメンボ「未熟な貴様では……見切れん」


ギュンッ

ズガァッ!


オタマジャクシ「ぐあっ……!」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/11(月) 20:14:09.28 ID:4WPndzrf0

アメンボ「――トドメだ!」


スカッ


アメンボ「む!? かわされた!?」

オタマジャクシ「悪いけどあんたの“リズム"はもう見切った……」

アメンボ「な!?」

オタマジャクシ「僕はリズムをつかむのが得意なんだ!」

アメンボ「リズムを……!? そんなことで俺のスピードを破れるか!」ギュオオオオッ


ドゴォンッ!