同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:24:35.99 ID:5+rY2L1e0

高校を卒業して…春からの私は、東京にて一人暮らしをしています

私の通っている大学は、電車で20分の位置にあります

一人暮らしの住処からそれほど遠くもなく近くもない…そんな距離の場所にありました


ダイヤ「ええと今日は……忘れ物はないですわよね…」


朝7時、この時間が春からの私の一日の始まりの時間でした


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:25:29.19 ID:iA9q7B+yO

ダイヤ「はぁ……」

吊革につかまり人の熱気に耐えながら振り子のように体を揺さぶられる
入学してから朝の電車で座れたことなど数えるほどしかありません。

その数回も、なにかの厄介ごとで祝日に登校する羽目になるだとかそういう類のものであって、別段嬉しくなるものではありませんでした。

ダイヤ「(どうしてこうも…都会の電車は混んでいるのでしょうか)」

心の中で毒づきながら、じっと身を固めて列車にこもる熱気に耐えます



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:26:36.83 ID:iA9q7B+yO



教授「……であるからして、その際の理論をこちらに適用すれば…」


二ヶ月も経てば学生は良くも悪くも…両方の意味で学校に慣れてきます

居眠りする学生もいますし、そもそも…出席を取らないクラスでは授業の始まりと比べて半分以上空席が目立つようになりました

ダイヤ「…………」カキカキ

そんな穴が目立つ教室の中で、私は馬鹿正直に板書を全てノートに書き写していました


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:27:49.54 ID:iA9q7B+yO

同級生「あの…黒澤さん!」

ダイヤ「…どうしましたか?」


授業終了のチャイムが鳴った後、帰り支度の途中で不意に話しかけられました


同級生「今の授業…ノート取ってる?」

ダイヤ「ええ…板書は書き写してますが…」

同級生「ホント!?じゃあちょっとだけ貸してくれる?明日返すからさ!」

ああ、またこの類の話か…そんなことを頭の中に思い浮かべます

勿論ここで冷たく突き放すほど…私も世間を分かってないわけではありません

ダイヤ「え…えぇ…構いませんよ」

同級生「ありがと~!今度お昼奢るね!それじゃ!」

用事が済むと彼女はノートを小脇に抱え、駆け足で扉の外へと出ていきました