同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

あやめ速報-SSまとめ-

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/09(土) 21:28:56 ID:sswigNM.

あたしのおうちはお父さんもお母さんも仕事が忙しいの

だからあたしが休みの日でも二人は仕事だから遠くへ行ったことなんかない。

それに友達もいなかったの、運動も下手だし頭もよくない、それにおしゃべりが凄くへたで話し出すと思ったことをいっちゃうから

誰かと放課後に遊んだこともなかったし、学校の遠足でも一人だった。

だからずっとゲームばっかりやってたのゲームの中の人はおしゃべりがへたでも

無視したりいなくなったりしないから。



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/09(土) 21:29:43 ID:sswigNM.

「ねえ、どうしたの~?」

あたしの正面にいるのは、運動も勉強もできていつも明るくておもしろいから、女の子にも男の子にも人気のある子

どうしてあたしなんかとしゃべってくれているかというと、彼女もあたしと同じゲームが好きだから。

そしてゲームだけはあたしの方が上手いからだと思う。



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/09(土) 21:30:29 ID:sswigNM.

今日は彼女から預かったモンスターを育ててあげたから返す為に、このハンバーグ屋さんで待ち合わせたの。

普通にあたしのモンスターをあげてもいいんだけど、それじゃあ言うことを聞かずゲームの役にたたない。

でも預かったモンスターなら元々は彼女のモンスターだから言うことを聞く。やってることは育て屋さんみたいだ。

「うっわ~すげ~ピヨピヨがレベル100になってる。ほんとうにありがとう」

彼女が嬉しそうに跳び跳ねている。ここまで喜んでくれるとあたしも嬉しいけどお店の中では騒がないでほしいと思った。



4:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/09(土) 21:31:23 ID:sswigNM.

「うれしいなあ、何かお礼をさせてよ」

「あ、いや、えっと...そんなのは別にいらないわ」

「何でもいいんだよ、何かしてほしいこととかないの?」

友達になってほしい。といいたかったけど、なんだか恥ずかしくていえない。

「うーん...その...」

「そうだ!きみは思い出がないだよね?」

え?声が出そうになった、心を読まれたの?じゃあ友達になってほしいとかも知って...?