同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

プロエス!

森きのこ!

1: ◆KakafR9KkQ 2018/05/27(日) 22:33:05.04 ID:g6pPmBxu0

事務所


紬「はむ……」

紬(おいしい…… エミリーさんに教えていただいたコンビニの和菓子、とてもおいしいです…… 近頃は専門店でなくてもこんな質の良い和菓子がいただけるのですね、良い時代です……)

まつり「た、大変なのです!!! ……ね」

紬「わっ、わああぁっ!? い、いきなり何ですか徳川さん」

まつり「やっぱりここに居たのですね、紬ちゃん」

美也「今、みんなで紬ちゃんのことを探していたやいねですぞ~」

紬「私を……? な、何かしてしまいましたか?」

まつり「とにかくこっちに来て欲しいのです! ……いね」

紬「?????」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:36:19.85 ID:g6pPmBxu0

まつり「プロデューサーさん、連れて来たのです」

P「おお、来たか紬やいね!」

紬「……? 妙なことが起きてると思えばやはり貴方の仕業ですか、本当に貴方は一体何を考えているのか私には全く理解出来ません」

P「あぁごめん、だが緊急事態なんやいね! 紬の力が必要やいね!」

紬「貴方はさっきから何故そんな話し方をしているのですか? まさか私を小バカにしているのですか?」

P「違う! 違うやいね!」

琴葉「紬ちゃん、落ち着いて聞いて欲しいやいね」

紬「た、田中さんまで!?」

琴葉「私たち、今語尾に『やいね』が強制的に付いてしまうやいね!」

紬「??????????????」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:38:06.02 ID:g6pPmBxu0

紬「すみません、何故そんなことに……」

P「わからんやいね、ただひとつ言えることは『やいね』と言えば北陸の星、白石紬やいね。 何か理由を知らやいね?」

紬「知りません!」

琴葉「紬ちゃんにもわからないなんてやいね……」

まつり「八方塞がりなのです…… やいね」

美也「困りましたね~」

紬「えっと、今宮尾さんは普通に喋れていたように感じましたが……」

P「あぁ、そうやいね。 何故だかわからなやいね、今回のやいねの影響をあまり受けやいねな娘が何やいね人やいねか居るやいね」

紬「ちょっと何を言っているかわからないので誰か解説をしていただけませんか?」

「その解説、私が致します!」

紬「その声は……!」