同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

1: ◆0NR3cF8wDM 2018/05/22(火) 23:28:11.79 ID:camMbKJx0

前の話


未来の話


2: ◆0NR3cF8wDM 2018/05/22(火) 23:29:07.16 ID:camMbKJx0


・紬と静香


静香「あ、紬さん。おはようございます。早いんですね」

紬「おはようございます、最上さん。今日は、何だか早く目が覚めてしまいましたので」

静香「ふふ、奇遇ですね。私も、たまたま早く起きちゃって。何もせず家にいるのもちょっと嫌で、こんな時間に来ちゃいました」

紬「そうなのですか……? 不思議な偶然もあるものです」

静香「あの、紬さんは、レッスンの時間まで何か予定ありますか?」

紬「いえ、特には。こうしてお茶でもいただこうかと考えておりました。最上さんも、お飲みになりますか?」

静香「ええ、私も貰おうかな……って、ちょっと、自分でやりますから! 紬さん!」

紬「? あ……申し訳ありません、私の淹れたお茶なんて……」


3: ◆0NR3cF8wDM 2018/05/22(火) 23:30:07.57 ID:camMbKJx0


静香「違います違います! 年上の方にわざわざ席を立ってお茶を淹れてもらうなんて、そんなことできないですよ」

紬「そ、そうですか……? 最上さんがそうおっしゃるのでしたら……」

静香「…………よいしょ、と。あの、隣、座ってもいいですか?」

紬「はい、どうぞお座りください」

静香「……あの、前から思ってたんですけど、紬さんって、年下の私や志保、桃子にも敬語ですよね」

紬「はい。それが何か……?」

静香「その、紬さんは年上ですし、そんなに丁寧に話してもらわなくても大丈夫ですよ?」

紬「……私の話し方、失礼でしたか……?」

静香「そんなことないです! 年下の私たちにも気を使ってもらって、嬉しくはあるんですけど……せっかくこうやってユニットとして一緒に活動しているわけですし、もっと気楽に話して欲しいな、って」

紬「そう、ですか……」

静香「はい。その、私も、もっと紬さんと仲良くなりたいので!」