同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

エレファント速報

アイマスSSまとめサイト 456P

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/16(水) 07:23:20.40 ID:PDvcFK5E0

「ひどい……」

「誰がこんなことを……」

「事件です、事件ですよこれは!」

わたしが劇場の控え室に入ると、そこは異様な雰囲気に包まれていた。

同僚の各々が部屋の中央に設置されているテーブルを囲んで、なにやら奇声をあげたり緊張した面持ちで固唾をのんでいる。

「あ、志保ちゃん。おはよう」

いつもは迷惑な騒音、もとい元気な声でハイテンションな態度、笑顔を絶やさない可奈がわたしに気づいて近寄って来た。

しかし先にあげたようにひまわりのごとく眩しい笑顔は今日は見られず、他の面々と同じくなんだか悲し気な表情を浮かべている。

わたしはできるだけ可奈にのみ聞こえる程度に声を落として訪ねてみた。

「何かあったの?」

その問いに対し可奈はできるだけ笑顔を作ろうという努力をしてみせたようだが、無理に作るそれこそ痛々しいものはないのだ。

瞬時の努力も虚しく、可奈はすぐにまた元の悲惨な表情に戻ってしまった。

「あのね、それが……」


スポンサーリンク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/16(水) 07:24:35.09 ID:PDvcFK5E0

語尾を濁す可奈から視線を下げる。可奈の頭の後ろから見える部屋の中央のテーブルには人が集まっていて中々様子がうかがえなかったが、どうやら何かを取り囲んでいるようだ。

なんだろう。わたしはうつむいたままの可奈に道を開けてもらい、テーブルの方へとゆっくり歩み寄った。

机上には大量に積まれ山のような包装されたチョコレート、そしてただ一人突っ伏している赤みがかった長髪の女性。琴葉さんだ。

「これは……」

すぐ近くにいた恵美さんが振り向いて言った。

「や、志保」

いつもはおちゃらけてフレンドリーな態度でいる恵美さんでさえ、普段からは考えられないほど真面目な顔をしていた。

「恵美さん、一体これはどういうことですか?」

わたしはできるだけ抑揚を抑えて尋ねた。

「見ての通りだよ、琴葉が倒れたんだ。原因ははっきりしている。誰かが、誰かが琴葉が口にしたチョコレートに、」

恵美さんの声は心なしか震えていた。腕は微弱に痙攣し、握りしめた拳は青白く血管が浮き上がっている。アイドルがする拳ではない。

「塩を盛り込んだんだ」

わたしは持っていた荷物を思わず落としてしまった。