1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/14(月) 22:31:44.24 ID:0OZG2Z7H.net

千歌「黒澤ルビィこと、ルビィちゃんのプロフィールをー?」

ルビィ「変えルビィ!」

ダイヤ「その話し合いを録音し、後ほど文字に起こします……と」

千歌「がんばー?」

ちかルビ「ルビィ!」

千歌「いやー、やっぱりこれやると元気でるね♪」

ルビィ「うんっ♪」

ダイヤ「千歌さんぶっぶーですわ!腕の開き具合が甘い!」クワッ

千歌「えぇ……」



2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/14(月) 22:32:22.50 ID:0OZG2Z7H.net

―スクールアイドル部室―

ダイヤ「はいもう一度」

千歌「頑張ルビィ!」

ダイヤ「左手首が曲がってますわ。あと開くタイミングが0.8秒遅い、笑顔も少しぎこちなくてよ」

千歌「そんなのわかんないよぉ……ルビィちゃん。お手本見せてもらっていい?」

ルビィ「うっ、うん。がんばー……くしゅんっ。ぅゆびぃ!」

ダイヤ「免許皆伝ですわね」

千歌「くしゃみしたのに!?甘過ぎない!?」

ダイヤ「おだまり!姉が妹を甘やかして何が悪いというのですの!ほぉらルビィ♡お姉ちゃんがナデナデしてあげまちゅわねぇ♡」ナデナデ

ルビィ「えへへぇ♡」

千歌「ずるぅい」

ダイヤ「とまぁ鉄板姉妹コントはこの辺りにして」

ルビィ「そだね」

千歌「いつの間にかコント化してたんだね」

ルビィ「ファンの人たちからも、お姉ちゃんのでちゅわぁ♡を待ってるって声がすごくて。一日かけて流れを考えたんだっ」

千歌「何その聞きたくなかった裏のお話」

ダイヤ「そろそろ話を進めますわよ。ルビィはなぜ呼ばれたのかご存知で?」

ルビィ「ぷろふぃーる?を変えるとかなんとかって曜ちゃんから聞いたよ」

千歌「よーちゃん、楽しかったからって皆に言いふらしてるみたいだね」

ダイヤ「プロフィールの方にも、みかんに飛び込むなんて追加されていましたわね」

千歌「///」

ルビィ「どうして千歌ちゃんが照れるの?」

ダイヤ「かんかんみかんだからですわ」

ルビィ「?」

千歌「とっ、とにかく!まずはルビィちゃんのプロフィール確認からだよー!」

ダイヤ「誤魔化しちゃって……青春ですわね!」