同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

SSなび

エレファント速報

SSマンション

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/05/13(日) 01:57:07.42 :vPqDX5AN0
※注意「Mな人向けの内容です。過激なエロ・グロテスクな表現はありませんが金的がメインの話です。幸子がドSという訳では無いので、いじめられるのが好きな人にはむいていないかもしれません」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/05/13(日) 02:20:40.67 :vPqDX5AN0

幸子「し、失礼ですよその言い方は!」

P「だってホントじゃん!!もう幸子と遊ぶの怖い!!」

幸子「い、いやボクだってわざとしてるわけじゃ…」

~~~~~~~~~~~~~~

P「フンフフーン」バシッ

P「フッフーン」バシッ

幸子「何してるんですか?」

P「ああ、壁あてだよ」

幸子「い、いいんですか休憩室で壁あてなんかして…」

P「はっはーいいのさ。プニプニのボールだから大丈夫大丈夫」

幸子「えぇー…」

P「うーん…じゃあキャッチボールしようぜ」

幸子「えっ…」

P「かるーく身体動かしたいし…ついでに幸子と遊べるし」

幸子「ついでにって何ですかー!」

P「よし、じゃあいくぞー…ほれ」シュッ

幸子「うわっと…。もっとゆっくり投げてくださいよー」シュッ

P「おっけーおっけー」シュッ

幸子「キャッチボールなんて久しぶりですね」

P「あー…。まあ女の子は部活にでも入ってない限りはキャッチボールなんかしないか」

幸子「そうですね…。それか体育か…ですかね」

P「どうだ?やってみると楽しいもんだろ?」

幸子「はい!気分転換になりますしちょっと楽しいです」

P「よーし。じゃあ俺がうまくとってやるから強めに投げてこいよ」

幸子「えっ…。大丈夫ですか?」

P「大丈夫大丈夫。ストレス発散になるぞー。あ、言っとくけど本気では投げてくるなよ…?」

幸子「わ、分かってますよ!よし、じゃあ…いきますよ!」

P「おうっ!」

幸子「えい!!!ってあぁ力みすぎて床にっ…」ビュンッ

P「うおっ!ショーバンっっ…ん゛っ!」ドムッ

幸子「あっ……(球が…Pさんの玉に…)」

P「お、おぉぉ……」バタッ

幸子「あ、あわわ………。だ、大丈夫ですか…」

P「んんんん…」

幸子「…え、えっと…とりあえず背中さすりますね」ナデナデ

P「うぅぅ…」

幸子「…ごめんなさい…」

P「い…いや…いいんだ…仕方ない…。こういうことも…あるさ…」

~~~~~~~~~~~~~~