1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/08(火) 04:26:45.875 ID:3nGmxsGi0

ヴィーネ「サターニャに勝ちたいからサターニャについて知りたい…か…」

タプリス「はい…」

ヴィーネ「知って後悔するかもしれないわよ…?」

タプリス「覚悟の上です…。天真先輩を堕とした大悪魔…。その秘密を知りたいんです…」

ヴィーネ「覚悟してる…ね…。わかったわ…。私についてきて…」

二人は夜の街へと姿を消した…



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/08(火) 04:29:29.426 ID:3nGmxsGi0

タプリス「ここは…?飲食店ですか…?」

ヴィーネ「このお店ではとても恐ろしい物を出すの…。でも、サターニャはそれを恐れる事無く完全に攻略したわ…」

タプリス「恐ろしい物…?そ、それは一体…」


タプリス「うっ…何ですかこれは…。見るからに危険な色をしていますが…?」

ヴィーネ「これは動物の骨を煮込んで抽出した汁に麺を入れた料理よ…。しかも茹で卵は半煮えっていうね…」

タプリス「ひぃっ…半煮えの卵だなんて確実にお腹を壊す案件じゃないですか…」

ヴィーネ「人間界…それも日本という国では卵を生で食べれるの…。徹底した衛生管理などによってね…。安全だと言われてもなお私たち悪魔や天使は忌避感に抗えない…」

タプリス「動物の骨を煮込んだ野蛮な料理というだけではなく…半煮えの卵すら恐れる事無く食べた胡桃沢先輩…」

ヴィーネ「すごいでしょう…?普通こんな臭いものは食べれないわよ…。タプちゃん、貴女にこれが食べられて…?」

タプリス「や…やってやるです…!」