1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/05/04(金) 21:27:15.70 ID:TkHYtU/a.net

ダイヤ「お邪魔します…」

彼女が泊りに来た。

ダイヤ「今日は…その…っ」

ダイヤ「よ、よろしくお願いしますわっ!」

彼女とは1ヶ月前に知り合った

ステージの上でキラキラ輝きながら踊っていたダイヤちゃんが今、__の部屋に…!

ダイヤ(靴がうまく脱げな…いっ!)ヨロッ…

ダイヤ「あっ…!」

!!

ギュッ!

ダイヤ「……ご、ごめんなさい…///」ドキドキ

とてつもなくいい匂いが__の身体を包んだ

外は暗く、もう押し倒してもいい気がする…。

1.押し倒す
2.がまんする

>>3



3: 名無しで叶える物語(庭) 2018/05/04(金) 21:32:59.09 ID:VBwE2Hu9.net

c ´.- `



4: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/05/04(金) 21:34:26.97 ID:TkHYtU/a.net

どっち…?



5: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/05/04(金) 21:38:22.05 ID:TkHYtU/a.net

百合にする


__ _

ダイヤ「ど、どうしたの?」

果南「…」

壁ドンしてしまった。

ダイヤ「…っ///」

果南「ど…どうしたんだろ?」

ダイヤ「は?」

果南「あっ、ま、まって?多分…えっとー…あれ!ほら!ファンサービスの練習!」

起点が効かなすぎて泣けて来そう

ダイヤ「……まぁ…そういう事でしたら」

果南「!?」

ダイヤ「……///」

果南「あっ……うん///」

放課後の教室、誰もいない教室

私達以外、誰も___。


6: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/05/04(金) 21:44:25.22 ID:TkHYtU/a.net

ダイヤ「それで?果南さん」

果南「…なに?」

ダイヤ「勇気を出した果南さん」

果南「…なに」

ダイヤ「この後、私をどうするおつもりですの?」

果南「…どうするって」

ダイヤ「あら…もしかしてこれで終わり?」

果南「…っ」ムッ

ダイヤ「でしたら早くどいてください、まだ仕事が残ってますので」

果南「……」

ダイヤ「…ほら、果南さん」

ギュッ…

果南「……やだ」

ダイヤ「……もう…仕方ない人…」

そういいながらダイヤも私の腰に手を回してくれた

本当…仕方ないやつ