同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

アイマスSSまとめサイト 456P

1: ◆bncJ1ovdPY 2018/04/17(火) 00:07:54.60 ID:7eNavJSg0

書き溜めのみ、サクッと投下します
あんゆりが恋に目覚める話です


2: ◆bncJ1ovdPY 2018/04/17(火) 00:08:19.40 ID:7eNavJSg0

​今日は休日だから学校も無いし……アイドルのお仕事も無い、要するにオフの日。
最近はアイドルのお仕事が沢山入って来て……忙しかったから、何も無いというのは久し振り……。
だからなのかな……ただ家にいるというのが、どうも落ち着かない。

「劇場、行ってみようかな……」

このモヤモヤとした気持ちを解消するべくそう結論付けると、鞄を探し出して支度を始める。

室内でボール遊びをする人たちや、それを叱る人たち。
その傍らで微笑む人たちや、無視して創作活動に勤しむ人たち。
ーーそして、少し離れて自分の世界に入り浸り本を読む百合子さんの姿。
色々な人が頭の中を巡るけど、杏奈はいつも百合子さんのことばかり考えてる……かも。

杏奈と一緒にゲームをしたりもするけれど、好きなことに没頭する百合子さんを眺めているのも楽しい。
それで読み終わった百合子さんに話しかけると、読んでいた本の展開や感想を杏奈に教えてくれる。
感想を共有するのが楽しいのか終始目をキラキラさせてて、そんな百合子さんを見ていると杏奈まで楽しくなってくる。

「百合子さん、今日はどんな本を読んでるのかな……」

少し考えて、「きっとファンタジーだろうな」なんて小さく笑いながら家を出た。



3: ◆bncJ1ovdPY 2018/04/17(火) 00:08:46.75 ID:7eNavJSg0

劇場へと到着し、中へと入っていく。
長い廊下の分かれ道を迷うこと無く進み、事務所となっているその部屋の戸を開ける。

「おはようございます…」

部屋の中を見回しながら少し控えめに挨拶をする。
そんな杏奈に一番に気付いたのは劇場の事務員である小鳥さんで、こちらを見据えると同時にデスクワークを中断して微笑みかける。
仕事中でも頻繁に……それこそ百合子さんみたいに、妄想に耽っている小鳥さんだけど……今日は別に、そんなことはなかったみたい……。

「あら…杏奈ちゃんおはよう。確か今日はオフだったわよね?」
「家に居ても、退屈だったし…ここなら楽しいかな、って」
「そういうことね。…百合子ちゃんなら奥にいるわよ」

杏奈と百合子さんの仲が良いのは周知の事実で、事務所へと来た時は大体百合子さんの居場所を告げられる。
辺りを見回すと……事務所の中は想像通り、ボールが飛び交っていたり絵の具が散らばっていたりと賑やか……というよりは悲惨、かな……。
杏奈はそういう空気が苦手だから……混ざりたくはない、けどね……。

「ありがとう……ございます」

だから杏奈は、いつも百合子さんの隣にいる。程よく静かで……居心地がいい場所。
窓際まで歩いて行くと、テーブルに本を広げ椅子に座る百合子さんの姿が見えた。
集中しているのか、こちらには気付いてないみたい。

「百合子、さん…?」

本と腕の隙間から除く顔は何故か真っ赤で、どこか悶えているようにも見える。
普通じゃないよね……妄想が行き過ぎた、のかな……?

百合子さんは妄想に耽ることが多いから、本の中で出てきたみたいな「普通じゃない表情」をよく見せる。
だからきっと今日も同じようなものだろうと結論付ける。

杏奈に気付いていない百合子さんは、そのまま本を読み続けーーパタンと閉じる。さっき読んでいたのが最後のページだったみたい……。
どうだったのかな、面白かったのかな……。

「百合子さん。おはよう」
「あ、ああ、杏奈ちゃん!?お、おはよう!!」

ーー普通に挨拶をしたはずなんだけど……盛大に驚かせてしまったみたい、です……。