1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/04/16(月) 13:39:46.79 ID:HF7ZZ5T6.net

ここは私の部屋、薄暗くて怪しげな本とか不気味なオブジェクトが点在していて、
明るさとか可愛いさとは無縁な部屋よ。

でも、今はそこに似つかわしくない可憐な少女が一人いるの。


ルビィ「善子ちゃん、大丈夫?」

善子「えぇ……平気よ………へっ…へっくしゅん!」


大丈夫、そう答えたそばから大きなくしゃみをしてしまう。


ルビィ「善子ちゃん……」

善子「へーきだってば……」


鼻をすすりながら、もう一度大丈夫と言い、
私を心配してくれている、可愛い彼女の頭を撫でる。


季節は寒い冬を終え、春へと向かっていた。

木々には雪の残りのような、真っ白い蕾が出来ていて、
その蕾が綻ぶ時、春が来るんでしょうね。



2: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/04/16(月) 13:40:17.62 ID:HF7ZZ5T6.net

善子「うぅ……」


でも、去年までなら待ち遠しかった春も今は全然待ち遠しくない。

何故なら。


善子「へっくしゅん!」


まさか、このヨハネが……


善子「うぅ……つらい……」


花粉症だったなんてね。


ルビィ「……本当に大丈夫?」


3: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/04/16(月) 13:40:49.01 ID:HF7ZZ5T6.net

体の異変を感じたのは春休みが始まって少し経ってからだった。

外に出るとくしゃみが止まらなくて、呼吸もなんだか苦しいし、
目が痒くなって、頭の中もモヤモヤする。

なんだか熱もあるみたいだし、
最初は風邪か何かだと思ったの。

季節の変わり目だし油断しちゃったのかなって。

でも、風邪なんて栄養とって寝ておけば2、3日もせずに治るじゃない?

だからしばらくの間、家で安静にしてたんだけどね。

ずっと寝ていても一向に治る気配はなかったの。

そりゃ花粉症なんだから当たり前よね。

どうやら、この数日間無意味に休みを消化していただけみたい……