1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/04/15(日) 22:47:07.08 ID:jhTBHunW.net

ツバサ「おまたせ」ドサッ

あんじゅ「なーに?急に呼び出して」

英玲奈「なんだその紙束は」

ツバサ「私が独自に集めたあるスクールアイドルの資料よ」



2: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/04/15(日) 22:47:14.76 ID:jhTBHunW.net

英玲奈「まさかそれで1グループ分か?」

ツバサ「ええ」

あんじゅ「そんなにすごいグループがいたかしら?」

ツバサ「μ's」

英玲奈「μ'sって……この間のラブライブを辞退したグループか?」

ツバサ「そうよ」


4: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/04/15(日) 22:47:42.58 ID:jhTBHunW.net

あんじゅ「確かに全くの無名から出場権を獲得するまでになったグループだから注目するのも分かるけど」

英玲奈「ああ、動画を見る限り実力は間違いないが……そこまで徹底的に調べる必要があったのか?」

ツバサ「……私も初めはほんの興味本位だったわ……でもね」

あんじゅ「でも?」


5: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/04/15(日) 22:47:49.43 ID:jhTBHunW.net

ツバサ「調べれば調べるほどにその魅力が溢れ出すのよ」

英玲奈「……ツバサにそこまで言わせるとは余程だな」

あんじゅ「で、その魅力って?」

ツバサ「まずはこの子」ピラッ

英玲奈「南、ことり」

あんじゅ「可愛らしい子よね」


6: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/04/15(日) 22:48:16.53 ID:jhTBHunW.net

ツバサ「まず注目すべき点は、彼女がμ'sの衣装を1人で作り上げてることよ」

あんじゅ「1人で!?」

英玲奈「いや無理だろう……」

ツバサ「いいえ……実はある噂があってね」

英玲奈「噂?」


7: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/04/15(日) 22:48:22.08 ID:jhTBHunW.net

ツバサ「彼女……アントワープ王立芸術アカデミーへの留学を蹴ってるらしいの」

あんじゅ「ぶふっ!?」

英玲奈「……すごいのか?」

あんじゅ「すごいかって?すごいなんて言葉で片付けていい話じゃないわよ!?あのアントワープよ!?」バンッ

英玲奈「いや……分からないんだが……」

あんじゅ「服飾において世界3大スクールのひとつ!名門中の名門!超難易度の試験をクリアして入学した生徒が毎年半数は落第するような桁違いのファッションスクールよ!?それを蹴った!?なんなの!?頭おかしいの!?」バンッバンッバンッ

英玲奈「す、凄いのはよく分かった、とりあえず落ち着け」