同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/04/14(土) 22:48:46.56 :HxHKUsXj0

『続けて交通情報です――』


この街にしちゃあ珍しく静かな夜だった。


聞こえる音と言や、すぐ後ろのホームへ滑り込んで来る京浜東北線やら宇都宮線のブレーキに、
脇へぶら提げたラジオから流れるNACK5の番組ぐらい。
さっきまではそこに手元で食材を仕込む包丁の音も加わってはいたが、
それも終わった今じゃあ煙草を吹かす溜息に取って代わられていた。

意味の無いのは分かっちゃいるが、それでも俺は外へ顔を出して天を仰ぐ。
雪は何食わぬ顔で静かに、だが遠慮無く降り続いていて、重ねて零した溜息は一瞬にして凍り付いた。この分ならアスファルトの上にだって積もりそうな勢いだった。

まぁ、俺が悪かったのも否定はしない。
それこそ昨晩のラジオで降雪確率は五十パーセントを超えると聴いていたし、
なのにせっかく仕入れておいた食材を自分の飯にしちまうのも寂しいと、
こうしていつも通りにおでん種にしちまったのは完全無欠に俺のせいだ。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/04/14(土) 23:02:40.92 :HxHKUsXj0

修行の為に週一で開けちゃあいるが、全く客の来ない日だってある。
……その来る客だって半分以上は仕事仲間だしな。
あいつらもこんな冷え込む夜にゃあとっとと家へ帰って熱燗でも一杯やってる頃だろう。
別に儲けるつもりでやってる訳でもなし。
赤字スレスレの超低空飛行はこれからだって続くだろう。

さて。客足も雪に取られちまったようだし、閉めて俺も一杯おっ始め――


『――あ。見てください。屋台ですよ、屋台』
『本当だ……何と言うか、実に屋台らしい屋台ですね』


蒟蒻へ伸ばしかけた腕が止まる。
珍しい事もあるもんだ。久しぶりの一見さんらしい。