1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/04(木) 20:44:50.296 :pbA6sd0g0.net

ある日の朝

ガヴ「まぁ、サターニャは殺処分されそうな犬を助けたり、真面目に大悪魔になろうとしたり、根がいい奴だからな。天界の神もサターニャは天使相当の悪魔と認めたんだろうよ」

サターニャ「なんか納得いかないわね。私は大悪魔になるために今まで頑張ってきたのに、これからは大天使を目指さなきゃいけないなんて……」

ヴィーネ「でもサターニャ、良かったじゃない。これからは無理して悪いことをしなくて済むのよ」

サターニャ「無理してなんかないわよ!!!あれは素よ!素!!」

ガヴ「あれが素ならサターニャは天使になったりしないだろ」

サターニャ「ぬぅ……」

ラフィ「そうですよ。サターニャさんが本当に悪い悪魔なら天使になったりしません。それに対して私は……」ショボン

ヴィーネ「うぁ!ラフィ、その角、その羽!!あなた堕天したの!?」

ラフィ「ええ、朝起きたらこんなことになってました。サターニャさんは昇天されたんですか。今までのSSではヴィーネさんが昇天してガヴちゃんが堕天していたというのに」

ヴィーネ「え?ラフィ、何の話をしているの?」

ラフィ「SSの話を抜きにしてもこんなのおかしいですよ。私とガヴちゃんではガヴちゃんの方が堕天使に近いはずです」ショボン

ガヴ「私は堕天使じゃなくて駄天使だからな。堕天使と駄天使の違いだぞ、ラフィエル」

ラフィ「そうですか」

ヴィーネ「え?それで納得しちゃうの?」

サターニャ「ざまないわねラフィエル……じゃなかった!今日から私は天使だったわ!!大丈夫よ、ラフィエル。あなたは悪魔にお似合いです」

ヴィーネ「微妙に慰めきれてないわ」

ラフィ「良いんですよ、ヴィーネさん。私は悪魔にお似合いなんです」ショボン