1: 名無しで叶える物語(地図に無い場所) 2018/04/09(月) 11:06:55.15 ID:dZ4iJ81M.net

鞠莉「でね~、果南がまた怒ったの~」

ダイヤ「大体鞠莉さんは果南にちょっかいを出しすぎですわ」

鞠莉「ノンノン、ちょっかいって言わないでよダイヤ。こういうのはイタズラって言うのよ♪ただの愛情表現なんだから」

ダイヤ「ですが、朝からハグのフリして胸を触るのは愛情表現ではなくただのセクハラですわ」

ダイヤ「全く、鞠莉さんはいつも....」

曜「....」ジィーッ

ダイヤ「...?」クルッ

曜「...!」ササーッ

鞠莉「どうかした?」

ダイヤ「あの角の先に人の気配が...」

鞠莉「人?全然気づかなかったわ」

ダイヤ「...私の思い過ごしでしょうか」

ダイヤ(...でもあの姿...どこか曜さんに似ていたような)



2: 名無しで叶える物語(地図に無い場所) 2018/04/09(月) 11:08:41.88 ID:dZ4iJ81M.net

ダイヤ「.....」テクテク

ダイヤ(仮に見ていたのが曜さんなら、どうして私達の前に現れなかったのでしょう...)

ダイヤ(何か理由でもあるのでしょうか...)


ダイヤ(...また視線を感じますわ)チラッ

曜「....」ジィーッ

ダイヤ(間違いない、やっぱり曜さんですわ)

ダイヤ(でも、何故こちらを見ているのでしょうか...)


3: 名無しで叶える物語(地図に無い場所) 2018/04/09(月) 11:09:15.32 ID:dZ4iJ81M.net

ダイヤ(どこか私がヘンなのでしょうか...)

ダイヤ(髪の毛は今朝ちゃんと櫛で梳かしてきましたし...)クシクシ

ダイヤ(制服は、鏡でちゃんと調えてきましたよね...)ジロジロ

ダイヤ(特に変なところはないと思いますが...)チラッ

曜「ふふふっ」ニヤニヤ

ダイヤ(どうして笑うのです⁉)