4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/08(日) 22:35:58.57 ID:TJiR9p5y.net

曜「え~っと…待ち合わせは駅前だったよね?」

梨子「うん、でも思ったよりも早くこっちについちゃったから」

梨子「迷惑だった?」

曜「ううん、迷惑なんかじゃないって!…って千歌ちゃんは?」

梨子「千歌ちゃんはおうちのお手伝いで遅れちゃうから先に行って欲しいって…」

曜「えぇ!?今日って、千歌ちゃんが急に出掛けたいって言い始めたよねっ!?」

梨子「うん…そうなんだけど…急に団体さんが来てお手伝いしないといけなくなっちゃって…」

梨子「曜ちゃんにも連絡いってるはずだけど?」

曜「へ?…」チラッ

曜「あ、ほんとだ…さっきまでシャワー浴びてたから気づかなかった…」

梨子「あ、だからまだ髪が濡れてるのね」

曜「あ~…あはは、一応タオルでは拭いたんだけどね~」



5: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/08(日) 22:37:33.19 ID:TJiR9p5y.net

梨子「もうっ、ちゃんと乾かさないと髪傷んじゃうでしょ!」

曜「いや~私は梨子ちゃんみたいにキレイな髪じゃないし、別に傷んでも~」アハハ

梨子「っ!?///」

曜「ん?どうしたの?梨子ちゃん?」

梨子「も、もう…///曜ちゃんはサラッとそういうこと言うんだから…////」ゴニョゴニョ

曜「梨子ちゃん?」

梨子「っ!?」ハッ

曜「だいじょうぶ?」

梨子「だ、大丈夫よっ!問題ないわっ!」キリッ


6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/08(日) 22:39:49.76 ID:TJiR9p5y.net

梨子「そ・れ・よ・り!」

曜「?」

梨子「ダメよ曜ちゃん」スッ

曜「へ?」


梨子「曜ちゃんは可愛いんだから、髪だって大切にしてあげないと…」

梨子「ほら、手触りだってこんなにいいんだから」ナデナデ

梨子「そんなに軽々しく綺麗な髪じゃないとか、別に傷んでもいいとか…言っちゃダメよ?」ナデナデ


曜「…////」


梨子「わかった?」ニッコリ


曜「う、うん…///」コクリ


梨子「ん、よろしい♪」パッ


曜「あぅ…///」