1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/07(土) 22:50:43.108 ID:triz4n0W0

コナン『偶然にも、都内の中小工場の食堂を訪れた俺たちは、無残に殺害された保険屋の営業の遺体を発見した……!』

小五郎「蘭! 警察に連絡だ!」

蘭「う、うん!」

コナン(仕出し弁当の割り箸で頸動脈を……計画的な犯行じゃないな……とすると、犯人は外部の人間とは考えられない……)

作業員A「ま、まさかこんなことになるなんて……!」

作業員B「あの人、よく食堂に来てた人だよな……」

僕「ひぇぇ……」

コナン(この中にいるはずだ……!)



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/07(土) 22:53:03.934 ID:triz4n0W0

目暮「つまり、蘭くんが遺体を発見するまで、誰も被害者の異変に気付かなかったというわけか……」

高木「ええ、どうやらそのようです」

目暮「妙だな。昼休みの時間帯だったのなら、食堂にはたくさん人がいたはずだが……」

小五郎「いえ、それが警部殿。食堂にいた人は作業員や我々を含めて、皆テレビを観ていまして」

目暮「テレビ?」

コナン「サラメシだよ! ねっ、蘭ねえちゃん」

蘭「あそこの壁にかかってるテレビで……皆さん、死んだような目でサラメシを観てました」

目暮「なるほどな。遺体の発見場所と犯行現場が一緒と考えるなら、机を挟んでテレビとは真逆の位置というわけか」

コナン(食堂にいた人たちが皆テレビに夢中になっていたとは言え、不用意に立ち上がれば俺たちが気づかないはずがない……)

コナン(つまり、この中で犯行が可能だったのは……俺たちより犯行現場側に座っていたあの三人……)

僕「……」

作業員B「これが原因でライン止めないかな……」

作業員A「こんなことに巻き込まれて……昼休みに寝とかないと死ぬのに……」