1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:38:43.75 ID:nLolHde40

僕「痛い・・・痛いよぉ・・・」グスッヒッグ

女「僕、また虐められたの?」

僕「・・・ぅるさい」グスッヒッグ

女「情けないわねぇ・・・うわ!肋骨まで青黒くなってる・・・僕、あんたが言い返さないと、何も変わらないのよ?」

僕「・・・だって」

女「だってじゃない!」

僕「!?」ビクッ

女「言い返さなきゃだめ!先生にでもチクっちゃえばいい!」

僕「・・・」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:39:41.35 ID:nLolHde40



いじめっ子「なぁ僕ぅ、さっきお前に壊された鉛筆削り、あれ1000円するんだよ。弁償しろよぉ。明日、1000円持ってこいよ・・・・・・・な?」ギロ

僕「(鉛筆削りが1000円もする訳ない・・・)」

僕「(でも、だって・・・恐いし、もっと嫌なことされるかもしれないじゃん)」

僕「わかっ

ーーだってじゃない!

いじめっ子「・・・どうした?返事は?」

僕「・・・ぇんも・・・けな・・・

いじめっ子「あ?」

僕「1000円もする訳ないじゃないか!」

いじめっ子「」ビクッ

僕「そもそも、君の鉛筆削りが壊れたのだって、僕のせいじゃないじゃないか!」

僕「僕は弁償しない!もう一切、君と関わらない!」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:40:41.45 ID:nLolHde40



女「スッキリした顔してるじゃん、僕」

僕「・・・言えたよ。僕、言い返せたんだ」

女「そうなんだ。根性あるじゃん」

僕「君のおかげだよ。だってじゃない、君の言葉が、僕に勇気をくれた」

女「違うよ」

僕「?」

女「あたしはあんたの背中に手を添えただけ、それを実行できる人って、あんまりいないんだよ。これはあんた自身の力だよ。誇りなさい」ニコッ

僕「そ、そうかな」テレッ

その日、夢を見た。女が死ぬ夢だ。右腕がちぎれ、無残にも殺されている、そんな夢を見て僕は自覚する。女が好きだ、と。