同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/25(日) 19:20:20.71 ID:G0uMQTf2o

幽霊屋敷と聞けば私には一つだけ思い出があります。

あれはフランスに住んでいた時の事。

当時の私は綿毛のようにぷかぷかとした、地に足のついていない地面から5センチほど宙へと浮ついた小娘でした。

隣の家に住む年下の女の子と一緒に、フランスの片田舎の野山を駆け巡るカントリーガールだったのです。

小さいな子供にとっては、家の近所でも大冒険です。

良く吠える犬は猛獣であり、森の中は神秘のジャングルであり、川は海原で、対岸は未知の大陸でした。

そして――森の中の廃墟は、幽霊屋敷でした。

その廃墟は森に入ったすぐの所に建っていました。くすんだ窓ガラスはガムテープで補強してあり、灰色の壁はひび割れ蔦が巻き付き、とても人が住めるような建物ではありません。

それでも、真夜中になると、二階の隅の部屋から明かりが漏れているので、誰かが住んでいたのでしょう。

友達と共に、あそこに住んでいるのは魔女だの悪の科学者だの色々と妄想を膨らませて楽しみました。

地下室には凶暴なケルベロスがいたり人魚がを飼っていたりと妄想の種は尽きません。

やがて、いつの間にかあの家は忽然と消えていました。いつ取り壊されたのかもわかりません。

そして、あれほどよく見かけた印象的な家だったはずなのに、今となっては朧げな光景でしか思い浮かびません。

長々と語ったけれど、要するにただの廃墟を幽霊屋敷だと妄想して楽しんだというお話です。

世の中の大半は妄想と机上で成り立っているのです。





「ミョンファ―! ミョーンファー!」

私が臨海女子寮の自室でジュール・ヴェルヌの世界一周旅行を読んでいると、バタン。と扉を開けてネリーちゃんがパタパタと部屋に入ってきました。

「どうしたんですか、ネリーちゃん」

「お金がいっぱい貰えるアルバイトを頼まれたんだけど、一緒にやろ!」

ネリーちゃんは時たまこうして儲け話を持ってきては私を一緒に誘います。しかし半分くらいはロクなものがありません。

最初こそよくわからない仕事内容に驚いたりもしましたが、もう私は慣れっこなので、誇り高きフランス淑女としてどーんと構えて話を聞くことにします。

「どんな仕事内容ですか?」

「ふっふっふ。聞いて驚かないでね――幽霊屋敷の調査だってさ!」

どーんと驚きました。

ネリーちゃんが語るところによると、依頼主は某大学の生物学教授らしいです。

この教授は死後の人間の意識とそれが原子に及ぼす作用と物理的現象がどーのこーの……要するに心霊現象に興味を持ち、研究をしています。

しかし名のある大学教授という立場から表立ってオカルトの研究する事ができません。大学や学会での立場が危うくなってしまいます。

そんなわけで、こうしてアルバイトを募ってはフィールドワークを依頼しているそうです。

「幽霊屋敷に入って、探し物をしてくるだけでいいんだよ。簡単でしょ!」

支給品らしきデジカメを掲げてぴょんぴょこ跳ねるネリーちゃん。かわいいですね。

正直、幽霊屋敷に行く事はこのうえなく躊躇してしまいます。恥ずかしい話、私はかなりの怖がりです。この前、皆と仄暗い水の底からを見たときも、あまりの怖さに悲鳴をあげてネリーちゃんに抱きついてしまいました。

しかし、私の目の前にいるのはお金への期待を胸にくるくる躍り回るネリーちゃん。こんなかわいい子を幽霊屋敷に一人で放り込むなどという事ができるでしょうか。いいえ。そんな事をすれば誇り高きフランス淑女としての沽券に関わります。悪い子にはおしおきを。可愛い子には寵愛を。私の舌にはプチプチしたものを。

「わかりました。私も行きます」

私が重い腰を持ち上げると、ネリーちゃんは諸手をあげて喜びました。