同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

1:以下、名無しが深夜にお送りします:2018/03/12(月) 23:23:06 :6INmS4FU

海未「はいっ、今日の練習はここまでです。」

凛「はぁ…はぁ…疲れたよー。」

海未「今日のメニューはかなりハードに組んでいましたからね。ゆっくり休んで疲れを残さないようにしてください。」

花陽「ピャァぁぁ……動けないよ……。」

海未「花陽、大丈夫ですか?手を貸しますよ。」

花陽「あ、ありがとう…海未ちゃん…。」


2:以下、名無しが深夜にお送りします:2018/03/12(月) 23:23:41 :6INmS4FU

つるっ

花陽「へっ!?」

海未「うわぁっ!?」

どしーん

海未「う、うーん……。っは!?」

海未(転んだ拍子に花陽と、み、密着してしまいましたっ!)

海未(花陽の体の感触が全身に伝わる……って私は何を考えて……!!)


花陽「いてててて…。あっ!ごめんね、海未ちゃん!すぐにどくね!」

海未「あ、いえ、大丈夫ですよ。それよりケガはありませんか?」

花陽「う、うん…。大丈夫だよ、ありがとう。」

凛「かよちん、早く部室に戻ろー!」

花陽「あ、うん。今行くよー!」たたたっ

海未「あっ……」


3:以下、名無しが深夜にお送りします:2018/03/12(月) 23:24:12 :6INmS4FU

海未(さっきの花陽の体の感触…まだほんのりと残っています。)

海未(ぷにっとしていて柔らかくて…穂乃果やことりとはまた違った感じでした。)

海未(特にお腹は絶妙な感触で今まで体験したことがないような感覚で……)

海未(…なんでしょう。もう一度触りたいような…。)うずうず

海未(はっ!何を考えているんですか私は!後輩のお腹を触りたいだなんて…!)

海未(変なことを考えるのはやめましょう…。なんだか疲れているのかもしれません。)