1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/06(火) 21:51:56.45 ID:prsSAOaq0

青羽「…っ放せ…!」


自分でも抑えられない衝動。戦兎は暴走していた俺を止めるために、見たこともない姿に変身し、完膚なきまで俺を叩き潰した。


≪マックスハザードオン!ガタガタゴットン!ズタンズタン!≫


俺を倒した後も、黒く、そして強くなった三羽ガラス共を圧倒してやがった。あの野郎、また強くなりやがったな。これならグリスもぶっ飛ばせるかもしれねぇ。あの時は気楽にそう思ってたんだ。


一海「やめろーーーー!」


《ハザードフィニッシュ!》


止めるべきだった?けど俺はあそこで動けなかった。情けねえ、何もできねえ、大事な相棒を俺は…


戦兎「…俺が、やったのか…?」


ーーーーーーーーー救ってやれなかった。


これは、東都と北都の代表戦が始まるまでのお話…


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/06(火) 22:26:07.02 ID:prsSAOaq0

万丈「代表戦…ですか」

仮面ライダーによる一対一の代表戦。つまりお互いの主力の最高戦力を使って、東都と北都が戦争の勝敗を決める。被害が甚大な東都にとって、最も平和的な解決法だ。


泰山「頼む。東都のため、戦ってくれんか」


戦兎「…俺はもう、戦いたくないです」


微かに震えた声で、そう言い残して出ていった。


いつまでたっても、戦兎の瞳は虚ろなままだった。あれだけ東都を守ろうと必死だったのに、全てがどうでもよくなったみてえだった。


泰山「…」

美空「…」

紗羽「…」

万丈「…あの」


…なんとかするしかねえだろ、俺。