1: c σ.-σ (家) 2018/03/03(土) 10:24:26.01 ID:McxSqY4O.net

c σ.-σ よしルビ。



2: c σ.-σ (家) 2018/03/03(土) 10:24:58.98 ID:McxSqY4O.net

◆迎撃準備◆

津島家

善子「えーっと、部屋の片付けはこんなものとして」

善子「アレとコレも用意したし―――一応ゲーム機も用意しておこうかしら」

善子「あ~。でも、あの子ゲームやりたがるかな……」

善子「って!もうルビィ来ちゃう時間じゃない!」


善子「(あーもー。早く来て欲しいけど、もう少し準備する時間も欲しい……)」ソワソワ


3: 名無しで叶える物語(家) 2018/03/03(土) 10:25:26.61 ID:McxSqY4O.net

ブー ブー

善子「ん。噂をすれば、かしら―――」スマホッ


ルビィ『よっちゃん家の前着いたよっ』


善子「♪」


ヨハネ『了解。部屋番号はさっき伝えた通りよ。インターホン鳴らして頂戴』

ルビィ『は~い』


5: 名無しで叶える物語(家) 2018/03/03(土) 10:25:51.61 ID:McxSqY4O.net

―――と言う訳で。
ハァイ、堕天使のヨハネよ。
お察しの通り今日はルビィがヨハネの城にやって来るの。
遊びに来ている訳ではないわ。今日は2人で一夜を共にする神聖な儀式を執り行うの!

む。お泊まりなんて子どもっぽい言い方はやめて!

堕天使とリトルデーモンの絆をさらに深めて、Aqoursの活動にも拍車を掛けて!
この世界に2人の存在をさらに広め知らしめる計画なんだから!

善子「(さぁ早く上がってきなさいルビィ……!)」

善子「(このヨハネが思いっ切りもてなしてあげるわ♪)」


7: 名無しで叶える物語(家) 2018/03/03(土) 10:26:21.33 ID:McxSqY4O.net

◆初めての領域◆

ルビィ「こんにちは。おじゃましま~す」

善子「いらっしゃいルビィ!よく来たわね!」

ルビィ「えへへ。今日はお世話になります」

善子「えぇ!ヨハネの城を思い切り漫喫するといいわ!」

ルビィ「うんっ♪」


トテトテ スタスタ

ルビィ「あれ、そう言えばお家の人は?」

善子「お母さんは買い物。お父さんには出て行って貰ったわ」

ルビィ「えっ」

善子「フフッ、冗談よ。お父さんは出張。だからこそこの週末にあなたを呼んだ訳だし」

ルビィ「そっか。ありがとね……」

善子「んー?何のことかしら?」

ルビィ「えへへ。何でもないよ」


ルビィ「(よっちゃんは時々、ルビィにすごぉく優しいです♡)」


善子「―――さ、ここがヨハネの部屋よ。お入りなさい」

ルビィ「ほわあぁぁ~~~♡」