同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

おかしくねーしSSまとめ

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/01(木) 04:20:27.17 ID:ryKMvAmv0

ルビィ「お姉ちゃん…今日お父さんとお母さん居ないんだって」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/01(木) 04:21:43.49 ID:ryKMvAmv0

『仕事相手の家にお呼ばれして思いのほか話が弾んでしまい帰れなくなりました、明日の夕方には帰るのでそれまでの食事は冷蔵庫のありものを使って作って下さい』

最低限の要件のみを記した短いメールがルビィの元へと届いたのは十六時を少し過ぎた頃だった。両親は基本、娘達への連絡を携帯の触る頻度の多いルビィに大体の場合送る。同時に送っても返信が早いのは妹の方で、ダイヤが気付くのは数時間経ってからの事がほとんどだった。

ダイヤ「そう、分かったわ」

ダイヤは短く返事をした。別段、家に厄介事は無い。掃除も、洗濯も急いで済ませてしまわねばならないほど溜まってはいない。やらなければならない事があるとすればそれこそ、二人分の夕食を作るくらいのものだ。
そんなことを考えていると、ルビィがまだ話があると言わんばかりにこちらを見つめて来る。

ルビィ「それでね…お姉ちゃん…」
ダイヤ「何……?」
ルビィ「あの……その……」

はっきりしないルビィの態度に疑問を浮かべていると…ルビィは一呼吸おいて、おずおずと後ろ手に持っていたそれを取り出して見せた。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/01(木) 04:22:17.53 ID:ryKMvAmv0

ダイヤ「そこ、マイナスつけ忘れてる」
ルビィ「え……ど、どこ……?」

畳の敷かれた居間に置かれた机で額を突き合わせ、二人で正座で座る。宿題をするのはダイヤの言いつけ、それを一緒にやるのはルビィの発案だった。
一切の滞りなくシャープペンシルを運ばせる姉に正座すら慣れていない妹。対照的な姉妹だった。

ダイヤは、東京の大学への推薦での進学が決まっている。別段懸命に勉強する必要はなく、課題さえこなしていれば学業に関する問題はなかった。それでも、それなりの時間を机に向かうことに割いているのは偏に彼女の性根の真面目さによるものだった
そして今妹の勉強を見ているのは単に、姉としてルビィを心配しての事だった。