同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

森きのこ!

エレファント速報

アイマスSSまとめサイト 456P

1: ◆zOmEgane2k 2018/02/22(木) 20:21:52.89 ID:9a+VV6a70

彼の手が好きだ。

私を撫でる彼の手が好きだ。

彼に触れられると、
じんじん、暖かくなって、
ぴりぴり、電気が走るようで、
きりきり、切なくなってしまう。

それを我慢しきれずに、身を強張らせてしまうと
彼は、ばつが悪そうに手を離してしまうのだ。

……もっと、撫でてください。

そう思って、
すりすり、彼に身を寄せてみても、
この気持ちが伝わったことはない。

たった一言お願いするだけで済む話なのかもしれないけど、
それくらい、わかってほしい。

伝わらないのは、単に、彼が鈍いからなのか、
それとも。

スポンサーリンク


2: ◆zOmEgane2k 2018/02/22(木) 20:23:29.31 ID:9a+VV6a70












朝早くから劇場に連れられてきた私は、事務室のソファーで、彼が仕事をしているのをぼーっと眺めていた。

最近の彼は忙しい。夜も寝る直前まで、パソコンに向かって作業をしている。
どうせにらめっこするなら、パソコンより、もっと楽しい相手がいるんじゃないですか。ここですよ。ここ。

「プロデューサー、おなかがすきました」

しかし、私は、考えていたのと違うことを言う。

反応はない。

もともと、人に気付いてもらうのが少し苦手なのである。
別にそれで困ったことはない。
……なかったのである。

「プロデューサー」

もう一度呼びかけてみる。

「んー?」

生返事が返ってきた。
一歩前進。やったぞ。

「あの、お忙しいでしょうか?」

彼は手を止めて、首を傾ける。

「……ああ、おなかがすいたのかな」

「正解です。ぴんぽん」

彼は私をしばらく見つめた後で、デスクの引き出しを開ける。しばらくの間、何かを探していた。