同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

アイマスSSまとめサイト 456P

1: ◆z80pHM8khRJd 2018/02/20(火) 02:00:14.89 ID:XtsaYpZt0

「ごめん、星梨花! どうしてもこっちが立て込んでいて迎えに行けそうにないんだ」

一仕事終え、そろそろかなーとお迎えを待っているときに、プロデューサーさんから掛かってきた電話を嬉々としてとると、それはちょっぴり残念な内容でした。

とりあえずお返事をします。

「えっと……大丈夫です。プロデューサーさんがその……お忙しいのは分かってますから」

「ごめんな星梨花。実は……」

プロデューサーさんのお話を聞いていると、どうやら向こうで機材のトラブルが起きて時間が押してしまい、どうしてもその場を離れられないみたいです。

まぁ……仕方ないですよね。プロデューサーさんはわたしだけのプロデューサーさんではないのですから。


2: ◆z80pHM8khRJd 2018/02/20(火) 02:01:17.70 ID:XtsaYpZt0

「ならどうやって帰りましょう……」

「そうだな……タクシーか電車を使うか、申し訳ないが親御さんに頼むぐらいしか」

「……そうですね。そのあたりの方法で」

「もちろん交通費はあとで落ちるからな。あとは星梨花に任せるぞ、本当にごめんな。」

追われるようにプロデューサーさんは電話を切りました。

忙しいんだろうなぁ……。

さて、わたしはどうやって帰りましょう。人差し指を頬に添えて首をかしげながら考えます。



3: ◆z80pHM8khRJd 2018/02/20(火) 02:02:37.70 ID:XtsaYpZt0

まず確実に迷わないのはタクシーです。

ただ、その分割高なのは知っています。

この前プロデューサーさんと乗った時に金額のメーターが上がっていくのをこうなっているんだ、おもしろいなぁって眺めていたわたしと対照的にプロデューサーさんの顔は青ざめてましたから。

パパに迎えにきてもらうのもどうでしょう。

うーん、パパならぜったいに飛んでくるように迎えに来てくれるでしょうが、お家からここまではそこそこの距離があります。

明日も平日でパパも忙しいでしょうし、今回は自分で帰ろうと思います。いつまでも親に頼るのはその……あんまりよくないです。

頼みこんでアイドルをさせてもらってますから。

バスは……そもそもバス停がどこにあるのかが分かりません。お家に近くにバス停ありましたっけ。