1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:11:08.94 ID:smg33bG+.net

⌒°( )°⌒ ピョンピョコピョンピョン

¶cリ˘ヮ˚) 「⌒°( ^ω^)°⌒の後頭部って、なんか可愛いわね」



2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:11:51.20 ID:smg33bG+.net

ノcノ,,・o・,,ノレ「あ~。⌒°( ^ω^)°⌒ちゃんのうしろあたまのこと?」

¶cリ˘ヮ˚) 「何よ。うしろあたまって」

ノcノ,,・o・,,ノレ「後頭部って言うより、うしろあたまの方が可愛いずら」

¶cリ˘ヮ˚) 「確かに!」

¶cリ˘ヮ˚) 「めっちゃ可愛い!」


3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:12:23.77 ID:smg33bG+.net

¶cリ˘ヮ˚) 「こうして眺めてるだけで、癒されるわねっ」

ノcノ,,・o・,,ノレ「えっ…」

¶cリ˘ヮ˚) 「何よ」

ノcノ,,・o・,,ノレ「…ううん。何でもない」


4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:13:02.14 ID:smg33bG+.net

¶cリ˘ヮ˚) 「あっ、そうだ。部室に堕天グッズ忘れたんだった」

¶cリ˘ヮ˚) 「先に帰ってていいわよずら丸」

ノcノ,,・o・,,ノレ「…わかった」

¶cリ˘ヮ˚) 「それじゃね!」堕ッ!


5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:13:33.19 ID:smg33bG+.net

ノcノ,,・o・,,ノレ「…」

ノcノ,,・o・,,ノレ「……」

ノcノ,,・o・,,ノレ「¶cリ˘ヮ˚) ちゃん…」


6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:14:26.51 ID:smg33bG+.net

部室
(*> ᴗ •*)ゞ「…」

メイ*σ _ σリ「…」

(*> ᴗ •*)ゞ「北海道楽しかったねー」

メイ*σ _ σリ「そうね」

メイ*σ _ σリ「遠いし、なかなか行けないものね」


7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:14:51.50 ID:smg33bG+.net

(*> ᴗ •*)ゞ「ノξソ>ω<ハ6ちゃんのおかげで2回も行っちゃったけどねっ」

メイ*σ _ σリ「ふふ…」

(*> ᴗ •*)ゞ「また行きたいなあ」

メイ*σ _ σリ「その時はまた、セイントスノーのお店に行きましょ」

(*> ᴗ •*)ゞ「もちろんヨーソロ♪」


8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/13(火) 22:16:28.57 ID:smg33bG+.net

¶cリ˘ヮ˚) 「堕天降臨!」

メイ*σ _ σリ「!!」ビクッ

¶cリ˘ヮ˚) 「あっ、ごめんなさい。作業中だったのね」

メイ*σ _ σリ「もう、驚かせないでよ!」