10: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/02/09(金) 21:47:38.33 ID:e6j0pmDy.net

曜「いま誰も見てないよね…?」キョロキョロ



13: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/02/09(金) 21:48:28.39 ID:e6j0pmDy.net

曜「鞠莉ちゃんの、ブーツ……」

片方だけ手に取ると、もう一度だけ周りに誰もいないことを確認してブーツに鼻を近付ける

曜「すん、すん……」

あぁ、すごいこれ……やっぱりブーツって汗が溜まるから、ツンとした香りが鼻腔をくすぐって……頭の奥までじんじんしてくるや。


14: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/02/09(金) 21:49:11.52 ID:e6j0pmDy.net

曜「はぁはぁ……やばっ、これやめられない♡」

さっきまでは遠慮して、匂いが分かる距離で嗅いでたけど……もっと、いっぱい嗅ぎたい。

ブーツの中に鼻を突っ込めば香りは更に濃くなって、頭がくらくらする。

なんだこれ……私、変態じゃん。


15: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/02/09(金) 21:50:04.41 ID:e6j0pmDy.net

ツンと鼻を刺激する強さもありつつ、その裏で鞠莉ちゃんの甘くふんわりとした香りが混ざり合い、それにすっかり虜になってしまった。

曜「はぁ、すぅ……ふっ、すぅ……」

ヤバい、ヤバい……これ、クセになる。

それに、なんだかお腹の奥がきゅうって切なくなってきた。


16: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/02/09(金) 21:50:45.19 ID:e6j0pmDy.net

これ、今下触ったら……私、どうなっちゃうんだろ。

曜「はっ、はっ……んくっ」

生唾を飲み込み、ブーツから片方手を離してスカートの中に入れる。

こんな、いつ誰が来るかも分からない下駄箱で私……そんな緊張感も相まって動悸がドンドン激しくなる。

震える指先で恐る恐るショーツに触れる。まだ染みてはいないけど、布を一枚隔てた向こう側はぬるりとしたものが溢れていた。


18: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/02/09(金) 21:51:19.23 ID:e6j0pmDy.net

いつも、してるみたいに……

ショーツの中に手を突っ込んで、自分のぬかるみに指を這わせて指を濡らすと、硬くなっている秘芯に塗り付けるように押し込むと、それだけで身体が大きく震えてしまう。

私、いつもより興奮してるんだ。