同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

エレファント速報

森きのこ!

アイマスSSまとめサイト 456P

1: ◆Xz5sQ/W/66 2018/02/08(木) 07:47:10.01 ID:9Wp9vh8Yo

※独自設定とコミュバレを含みます。

===

765プロ、39プロジェクトオーディション会場。
俺は机に向かって腕を組み、ぐぬぬうむむと悩んでいた。

隣では同僚でもある律子が手元の資料を眺めながら。

「それで、どっちにするんです? その子」

問いかけられてまたもムムムッ。

俺たちは今、事務所に迎える新人アイドルの合否を決めているところだった。

もう少し詳しく言うと有望人材かそうでないかの目星をつけてる真っ最中。
既に応募者たちの歌やダンスの実技テストは終了して、後は面接を残すのみなのだが。

「現段階の実力的には不十分。……でもなー、彼女ったらホント楽しそうに歌うんだよ」

「知ってます。一緒にその場で見てましたから」

「落としたくないなー。泣いてるトコとか見たく無いなぁ~」

あてつけがましい俺の態度に、律子が呆れたように嘆息する。

「プロデューサー?」

「……んっふ、ダメぇ?」

「あのですね。社長にだって言いましたけど、ウチも慈善事業じゃないですから。
そう手当たり次第に受け入れてちゃ、オーディションする意味が無いでしょう」

スポンサーリンク



2: ◆Xz5sQ/W/66 2018/02/08(木) 07:49:27.92 ID:9Wp9vh8Yo


そうして彼女は、歌の審査の為に同席していた千早の方に視線をやると。

「千早は? どう思う?」

「えっ!? わ、私にふるの?」

「当然でしょ。歌に関しちゃ、一応ウチで一番の御意見番だから」

突然意見を求められて、千早は心底驚いたようだった。
思わず俺を見るものだから「頼む!」と両手を合わせてみる。

「私は……歌を楽しく歌う人に、悪い人はいないとそう思うわ」

「だ、そうだぞ律子?」

「誰が善悪の話をしてますか。モノになるかどーかの意見が聞きたいのよ!」

バシッと机を軽く叩き、「全く二人ともこれだから!」と言わんばかりに露骨に眉根を寄せる律子。


「この矢吹って子に将来性が有るか無いか。大切なのはソコよ、ソコ」

「だからさ、その辺も含めて次の面接を見ようじゃないか」

すると千早も俺の言葉に頷いて。

「そうですね。技術が拙いということは、その分の伸びしろがあるとも言えるワケだし……」

「おっ、ほれみろ律子。千早先生の太鼓判だぞ」

「……プロデューサー。私はただ、一般論を述べただけです」

千早が茶化さないでくださいと首を振る。

律子はまだ納得できていないようで、件の応募者とは違うもう一人のプロフィール資料を手に取った。