1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/02/05(月) 17:33:26.74 ID:rWJH7IIx.net

果南「へ?どうしたのいきなり
また何か変なものでも拾って食べた?」

千歌「そんなことしないよ!
…全く、こっちは真剣に悩んでるのに!」

果南「ごめんごめん、それでキスの話だっけ
この時期は微妙かなぁ…6~9月に卵を蓄えるから夏がいいよキスは」

千歌「それは魚のキスの話でしょ!
もう果南ちゃんのバカ!!」

果南「あー、ごめんって
千歌がそんなこと聞いてくるとは思わなかったからさ…その、真剣に聞くから!」

千歌「むーっ…」

果南「どうしたの?」ギュッ

千歌「あのね…」



3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/02/05(月) 17:36:11.03 ID:rWJH7IIx.net

千歌「果南ちゃん達は卒業後の話だけど、来年から沼津の学校と合併するでしょ?」

果南「…うん、そうだね」

千歌「それで今日鞠莉ちゃんに言われたんだけど…」

鞠莉「あ、千歌っち~♪」

千歌「鞠莉ちゃん!やっほー♪」

鞠莉「突然だけど…千歌っちはキス、したことあるのかしら?」

千歌「へっ…///」

鞠莉「あ、その反応はもしかしてまだだった?」

千歌「な、なんでキスの話なんかいきなりするの…?///」


4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/02/05(月) 17:38:51.28 ID:rWJH7IIx.net

鞠莉「いやぁ、ね
今度合併する学校の視察をしてきたんだけど…」

千歌「?」

鞠莉「共学なのよね、あそこ」

千歌「えっ…えぇぇぇ!?」

鞠莉「うちの学校は女子校でしょ?
今まで男の子とほとんど関わらなかったとはいえ、来年から共学ってことになったら…」

千歌「なったら…?」

鞠莉「まっちがいなく!性が乱れる3年間になるに間違いないわ!」

千歌「そ、そんなこと…」