1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/05(金) 23:52:13.67 ID:uQr3pCeNO


ことり「違うの?」

海未「いえ……勿論好きですよ?」

ことり「幼なじみとして?」

海未「ええ」

ことり「うーん、ことりが言ってるのはそういう事じゃなくってね……」

海未「違います?」

ことり「ちょっと違うかも……」

海未「そうですか……難しいですね」

ことり「ねえねえ、海未ちゃんはことりのどんな所が好き?」

海未「いつも優しくニコニコとしている所です」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/05(金) 23:53:01.89 ID:uQr3pCeNO


ことり「そんなにニコニコしてるかなぁ?」

海未「していますよ?少なくとも、私が見ることりはいつも笑顔ですが……」

ことり「嘘っ!?」バッ

海未「ことり?」

ことり(あーもう……ことり、普通に接してるつもりだったのに顔に出ちゃってたんだぁ///)カアァ

ことり「う、ううん!なんでもないのよ、なんでも!うん、あははー……はぁ」

海未「どうしたんですかいきなり……」

ことり「あ、あのね海未ちゃん!」

海未「はい」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/05(金) 23:53:58.94 ID:uQr3pCeNO


ことり「ことりだってね?そんなにいっつもニコニコ笑ってるわけじゃないんだよ?怒ったりもするでしょ?」

海未「まあ、流石に怒ったところを見たことがない訳ではありませんが」

ことり「でしょでしょ?海未ちゃんにだって怒るもんね!」

海未「私がことりに怒られたことなんてありましたっけ……?」

ことり「怒るよ?こらぁー!なにするのぉー!とかって」

海未「あぁ……それ、怒ってたんですね」

ことり「海未ちゃん……ことりだってホントに怒っちゃうよ?」

海未「す、すみません!出来ればいつもの優しいことりのままでお願いします」