同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

アイマスSSまとめサイト 456P

森きのこ!

1: ◆UEry/CPoDk 2017/12/19(火) 17:44:36.71 ID:i73+6k8w0


律子「はい。劇場の大掃除ついでにタイムマシンのメンテナンスをしてたんですけど、そこでふと思い付きまして。」


千鶴「どこからつっこんだらいいか分からないような説明はおやめ下さいな、ただでさえツッコミ役は慢性の人手不足だというのに。」


律子「まあまあ。細かい事を気にしてたら芸能界は乗り切れませんよ。」

千鶴「あなたがそっちに回られるとどうにも出来ませんわね…それで、その機械とやらは具体的に何をする物なんですの。」

律子「読んで字のごとくです、アイドルになっていない別次元の自分を見に行けるというわけですよ。」

千鶴「別次元のわたくし?」





スポンサーリンク




2: ◆UEry/CPoDk 2017/12/19(火) 17:49:08.83 ID:i73+6k8w0


律子「ざっくり言うとパラレルワールドみたいなものです。時間を直線ではなく双方向あるいは複数の軸で流れているという考え方をした場合に生まれる、いわゆる並行世界の自分を見に行けるわけですね。」

千鶴「すみません、おっしゃる意味があんまり…」

律子「そうですね、一例を挙げますと。 千鶴さんは大学のミスコンでウチのプロデューサーにスカウトされて、アイドルになったんでしたよね?」

千鶴「ええ、どうしてもと言うものですから。あの時はセレブのオーラを隠しきれませんでしたものね。おーっほっほ!」

律子「もしもですけど。そのスカウトを断っていたら、どうなっていたと思います?」

千鶴「ゲホゴホッ…うーん、そうですわね。わたくしならいずれ世に出ていたでしょうけど、今とは全く違ったものになっていたでしょうね…少なくとも今ここで、お茶を飲みながらヘンテコな会話をするようなアイドルにはなっていないと思いますわ。」

律子「まあそうでしょうね。この機械とは例えば『そのスカウトを断っていた世界』を見る事が出来る、というわけです。」

千鶴「ちょっと待ってくださいな、今のは仮定のお話でしょう?」

律子「それはあくまでも『この世界の千鶴さんにとって』です。逆に『もしスカウトを受け入れていたら』が仮定の話になっている、こことは違う世界があって、そこにいる千鶴さんは今とは全く違う人生を送っているんですよ。」