1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/13(月) 01:38:55.819 :3VNouezda.net

【ヴィーネ宅】

ガヴリール「いや~助かったよ」

ヴィーネ「宿題くらい自分でやりなさいよね」

ガヴリール「はいはい」

ヴィーネ「もう、夕飯はどうするの?」

ガヴリール「いただきます!」

ヴィーネ「ホントに調子いいんだから、作ってくるから20分くらい待ってて」スタタ

ガヴリール「さっすがヴィーネ!」


3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/13(月) 01:41:36.167 :3VNouezda.net

………
……………!

ガヴリール「なんだこのいかつい封筒?気になる……」ソワソワ

ガヴリール「ヴィーネが戻ってくるまであと10分はある……」

ガヴリール「ちょっと覗いてみよう、開封済みだしバレないバレない」パサー

月乃瀬=ヴィネット=エイプリル
以下の任務について魔界特別手当を支給する。
"天真=ガヴリール=ホワイトの調査"
ガヴリール「え……」

ガヴリール(魔界特別手当?それに私の調査?いやいやいや、そんな馬鹿な……)

ガヴリール(まさかヴィーネが任務のために私と仲良くしてるなんてことは……)

ガヴリール(でも、よく考えてみるとヴィーネがこんな私なんかに優しくする理由が他にどこにある?)

ヴィーネ「バレてしまったようね」


12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/13(月) 01:43:49.117 :3VNouezda.net

ガヴリール「ヴィーネ!これはいったいどういう……!」

ヴィーネ「見ての通りよ、私は特命を受けてるの。」

ガヴリール「そんな……今までは一緒に過ごしたりしたのは全部命令があったからなのか!」

ヴィーネ「その通りよ、あなたは無防備で本当に楽だったわ」

ガヴリール「まさか一人で歩いてるときいつも後ろにいたグラサンマスクは……」

ヴィーネ「私よ」

ガヴリール「毎晩窓からフラッシュを焚いて写真を撮っていたのは……」

ヴィーネ「私よ、ちなみに歯ブラシを毎日新品すり替えたり体育の度に体操服を新品にすり替えたりもしたわ」

ガヴリール「なっ……!ここのところ消耗品が消耗されないと思っていたけど通りで……」

ヴィーネ「それだけじゃないわ、あなたの家には盗聴器に監視カメラもいたるところに仕掛けてある」

ガヴリール「それは完全に犯罪だぞ!そんなことが許されると思っているのか!」

ヴィーネ「任務だもの」

ガヴリール「やって良いことと悪いことがあるだろ!窃盗盗撮盗聴をしてあまつさえそれを魔界に流すなんてこと許されるものか!」

ヴィーネ「何を言っているのガヴ?魔界に流してなんていないわ」

ガヴリール「は?」